マイクロソフト認定技術資格試験「MCP/MCSEラーニングブック」

70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編

5-2.VPN(Virtual Private Network)

宮本 寿夫/澤村 孝太郎
2004/3/3

 本記事は、@ITハイブックスシリーズ『マイクロソフト認定技術資格試験 MCP/MCSEラーニングブック−70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編−』(技術評論社発行)より、一部の問題を許可を得て転載したものです。同書籍に関する詳しい情報については、「@ITハイブックス」サイトでご覧いただけます。
 
ほかの問題へ
  問題 05-01-01 入力フィルタと出力フィルタ
  問題 05-01-02 インターネット接続ファイアウォール
  問題 05-01-03 IPセキュリティポリシー
  問題 05-02-01 トンネリングプロトコル
  問題 05-02-02 VPNセッションの管理
 

問題 05-02-02 VPNセッションの管理

 あなたは組織のネットワークの管理者です。社外で業務を行う営業などのユーザーが社内のリソースにアクセスできるようにWindows Server 2003でVPNサーバを構築しました。プロトコルにはPPTPを使用するようVPNサーバとすべてのクライアントコンピュータを構成しました。クライアントコンピュータはWindows XP Professionalです。

 あるとき、何人かの社外のユーザーから、

「時々VPNサーバにアクセスできないことがある」

との報告を受けました。調査したところ、組織には200人の営業のユーザーがおり、多くのユーザーがVPNサーバにアクセスしているときにこのような問題が起こっていることが分かりました。ユーザーによると、そのような時間帯でも日によってはアクセスできることもあるといいます。また、サーバのハードウェアリソースについては調査を行い、CPUやメモリ、ネットワークなどの負荷には問題がないことを確認しました。

 問題を解決するにはどうすればよいですか? 以下から最も適切なものを選択してください。

(単一選択)

VPNサーバとすべてのクライアントでL2TPを使用するように構成する。
障害が発生している時間帯にサーバへのアクセスを許可するリモートアクセスポリシーを新規に追加する。
WANミニポート(PPTP)の数を200以上の数に増やす。
問題が発生しているユーザーのユーザーアカウントを設定し、ダイヤルインを許可するようにする。

 VPNの実装の形態は、大きくルータ間VPNとリモートアクセスVPNの2つに分けられます。ルータ間VPNは主に複数のネットワークを接続する目的で使用され、それぞれのネットワークにVPNサーバを設置し、ネットワーク間を流れるパケットをすべてVPNサーバで一括してカプセル化し、配送します。

 それに対してリモートアクセスVPNは、1台のコンピュータを組織のネットワークにアクセスさせる際などに使用します。組織のネットワークにVPNサーバを設置し、コンピュータはISPを介してVPNサーバにアクセスし、さらには組織内のリソースにアクセスします。

 リモートアクセスVPNを展開する場合、この問題のように1度に多数のユーザーがVPNサーバに接続してくることがあります。このような場合にはVPNサーバのポートの数に注意する必要があります。VPNサーバを構成すると、既定でPPTP接続に128、L2TP接続に128のポートが構成されます。

 現在のポートの構成については、管理ツールの「ルーティングとリモートアクセス」で確認できます(図5-17)。

図5-17 ポートの数拡大

 ユーザーの接続ごとに1つのポートが使用されるため、既定の構成のままでは128以上のユーザーは同時にVPNサーバに接続を行えません。128以上の接続を同時に行えるようにするにはポートの数を増やす必要があります。

 ポートの数の変更は「ルーティングとリモートアクセス」のポートのプロパティから行います(図5-18、図5-19)。

図5-18 ポートのプロパティ拡大

図5-19 ポート数の変更拡大

 Windows Server 2003では、PPTPとL2TPのポートをそれぞれ最大1,000まで増やすことができます。ただし、例外としてWindows Server 2003 Web Editionでは、ポートは1つしか使用できないため注意が必要です。

POINT

 この問題では、使用するプロトコルをPPTPからL2TPに変更しても、ポートの数を変えない以上問題は解決されません。また、ユーザーアカウントのプロパティやリモートアクセスポリシーが正しく構成されていない場合は、特定のユーザーは常に接続できなかったり、ある時間帯にすべての(あるいは特定のグループなどの)ユーザーが影響を受けることになったりするため、この問題の解決策としては適切ではありません。

KEYWORD

 Windows Server 2003 Web Edition

 Windows Server 2003の製品群の中でも、特にWebサーバやアプリケーションサーバに特化したものです。Windows Server 2003 Web Editionでは、VPNによる接続数のほかにもさまざまな制限があります。

 主な制限には、ドメインコントローラとして構成することができない、SMB接続は10接続まで、プリンタ共有ができない、証明書サービス、Windows Mediaサービス、インターネット認証サービス、リモートインストールサービスなどをサポートしないなどがあります。

正 解(05-02-02)
 C

 
前の問題へ    


マイクロソフト認定技術資格試験「MCP/MCSEラーニングブック」

本記事は、@ITハイブックスシリーズ『マイクロソフト認定技術資格試験 MCP/MCSEラーニングブック−70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編−』(技術評論社発行)より、一部の問題を許可を得て転載したものです。同書籍に関する詳しい情報については、「@ITハイブックス」サイトでご覧いただけます。


関連記事
VPNの実力を知る(前・後編)
インターネットVPNの導入メリット(前・後編)
検証 VPN実践導入講座
IT管理者のためのIPSec講座
FreeS/WANによるIPSecの導入と運用
書評:VPNの最新ソリューションを学ぼう!
5分で絶対に分かるVPN

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH