最終回 DBをセキュアに保つために行うべき作業


星野 真理
株式会社システム・テクノロジー・アイ
2005/5/26



アクセスデータ申請書
【 新規 ・ 変更 ・ 取消 】

申請日: 2005年6月1日
部署名: 第一Web技術部
申請者名:    山田太郎

インフラ担当
インフラ担当
ディビジョン
マネージャ
申請者
責任者
受付
マネージャ
月 日
月 日
月 日
月 日
月 日

 

 

       

 



 

SQLPlus、ObjectBrowser、Access等から直接データベースのデータにアクセスする場合、下記の欄にアクセスに使用するアプリケーション名、アクセス先データの所有者、アクセス先のテーブル名、アクセスの種類(参照/更新)、アクセスの目的を記入して、提出してください。

アプリケーション名 データ所有者 テーブル名 参照/更新 目的
Access web_sals ord_member 更新 メンバーリスト作成
         
         
VBAマクロ web_sals ord_qa 参照 質問サポート対応のシート作成のため
VBAマクロ web_sals ord_testname 参照 注文テスト実施のため
         
         
         
         

申請内容の有効期限:2005年 8月31日

 

Index
DBをセキュアに保つための作業
Page1
DBユーザー管理
  Page2
DBユーザーのパスワードの変更確認
データ管理
  Page3
データアクセスの監視
  Page4
バックアップ管理
セキュリティと生産性のバランス感覚
コラム:バックアップの意外な実態



関連記事
データベースセキュリティの基礎のキソ
Database Expertフォーラム

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH