第4回 スパムメールをシャットアウトするフィルタ機能を使う

竹島 友理
NRIラーニングネットワーク株式会社
2006/1/24

 長らくお待たせしてしまいました。お待たせしている間に、Exchange Server 2003のService Pack 2 (SP2)が出ました。今回のテーマは、Exchange Server 2003 SP2で機能がアップデートされたインテリジェントメッセージフィルタ(IMF)をはじめとしたExchange Server 2003 のさまざまなフィルタ機能です。

 フィルタ機能とは?

 フィルタ機能とは、スパムメールが企業内のネットワークに入り込まないように、あるいはユーザーの受信トレイに届かないようにするためのスパムメール対策機能です。Exchange Server 2003は全部で4つのフィルタ機能を持っています。

 IMFは、もともとアドオンで後から追加されたフィルタ機能でした。Exchange Server 2003SP2ではIMFの最新版が提供されています。一方、接続フィルタ、送信者フィルタ、受信者フィルタ機能はどれもExchange Server 2003の標準機能です。

図1 Exchange Server 2003 のフィルタ機能

 今回は、それぞれの機能の特徴や適用順序などをまとめてみます。ところで、皆さんの環境にスパムメールが大量に届くとどうなるでしょうか。

 スパムメールが大量に届くとどうなる?

 最近の調査によれば、現在送信されているメールの半分以上が迷惑な商用メール(UCE:Unsolicited Commercial Email)だそうです。事実、筆者の環境でも受信するスパムメールの数が年々増えてきています。

 スパムメールを大量に受信すると、気分を害されるだけでなく、ネットワークに負荷がかかり、ネットワークリソースが無駄に消費されます。さらに、スパムメールがユーザーの受信トレイに大量に届くと、スパムメールの開封、内容確認、削除操作だけでも無益な時間を費やすことになり、ユーザーの生産性低下につながります。場合によっては、ヘルプデスクへの問い合わせも増えるかもしれません。

 管理者とユーザーがこのような不要な時間と労力を費やさなくてすむように、フィルタ機能を活用してスパムメールの侵入を防ぎましょう! まずIMFの考え方と設定方法を、次にExchange Server 2003標準のフィルタ機能を見ていきます。

 
1/5

Index
スパムメールをシャットアウトするフィルタ機能を使う
Page1
フィルタ機能とは?
スパムメールが大量に届くとどうなる?
  Page2
インテリジェントメッセージフィルタとは
IMFはどうやって使用するの?
  Page3
しきい値の判断の仕方
ゲートウェイのしきい値を超えたメッセージ処理
メールボックスストアのしきい値を超えたメッセージ処理
  Page4
Exchange Server 2003標準のスパムメール対策機能
  Page5
4つのフィルタ機能と適用順序
フィルタ以外のスパムメール対策


関連記事
基礎から学ぶExchange Server 2003運用管理

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH