第8回 設定ファイルを更新するlidsconfコマンド

面 和毅
サイオステクノロジー株式会社
インフラストラクチャービジネスユニット
Linuxテクノロジー部
OSSテクノロジーグループ
シニアマネージャ
2006/7/5

 /etc/lids以下のLIDSを設定するファイル

 LIDSを設定するファイルはすべて/etc/lids内に格納されています。LIDSは、カーネル起動時に、このディレクトリ内に格納されているファイルをメモリ上に展開し、そのACLに従ってプロセスやファイルの読み書きを制御しています。

 /etc/lids内には、表2、表3に示すようなファイルが入っています。これらのファイルのうち、手作業で編集するものはlids.XX.capファイル、lids.iniファイルとlids.netファイル(LIDS-1系列のみ)だけになります。それ以外のファイルはlidsconfコマンドによって設定できますので、直接編集することはなるべく避けてください。

表2 LIDS-1系列
lids.ini LIDSの起動モードを変更するファイル。ACL_DISCOVERY=1にするとACL_DISCOVERYモードになる
lids.pw LIDS Free Session用のパスワードのハッシュが書き込まれているファイル
lids.conf LIDSのGlobal ACLが格納されているファイル
lids.cap LIDSのGlobalケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.boot.conf LIDSのBOOTステートのACLが格納されているファイル
lids.boot.cap LIDSのBOOTステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.postboot.conf LIDSのPOSTBOOTステートのACLが格納されているファイル
lids.postboot.cap LIDSのPOSTBOOTステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.shutdown.conf LIDSのSHUTDOWNステートのACLが格納されているファイル
lids.shutdown.cap LIDSのSHUTDOWNステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.net LIDSのアラートをメールを通して管理者に送信する際の設定ファイル

表3 LIDS-2系列
lids.ini LIDSの起動モードを変更するファイル。ACL_DISCOVERY=1にするとACL_DISCOVERYモードになる
lids.pw LIDS Free Session用のパスワードのハッシュが書き込まれているファイル
lids.conf LIDSのGlobal ACLが格納されているファイル
lids.cap LIDSのGlobalケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.boot.conf LIDSのBOOTステートのACLが格納されているファイル
lids.boot.cap LIDSのBOOTステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.boot.acl LIDSのBOOTステートのACL(Global ACLとの論理和)がバイナリとなったファイル。LIDS-2.Xではこのファイルが読み込まれる
lids.postboot.conf LIDSのPOSTBOOTステートのACLが格納されているファイル
lids.postboot.cap LIDSのPOSTBOOTステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.postboot.acl LIDSのPOSTBOOTステートのACL(Global ACLとの論理和)がバイナリとなったファイル。LIDS-2.Xではこのファイルが読み込まれる
lids.shutdown.conf LIDSのSHUTDOWNステートのACLが格納されているファイル
lids.shutdown.cap LIDSのSHUTDOWNステートのケーパビリティバウンディングセットが格納されているファイル
lids.shutdown.acl LIDSのSHUTDOWNステートのACL(Global ACLとの論理和)がバイナリとなったファイル。LIDS-2.Xではこのファイルが読み込まれる

 LIDS-1系列とLIDS-2系列で大きく異なる点は2つあります。

 1つ目は、LIDS-2系列からバイナリになったファイル(XX.aclファイル:表3の水色部分)を読むようになったことです。そのため、lidsconfコマンドでACLを変更した後に、「lidsconf -C」によりACLをコンパイルすることが必要になりました。

 2つ目は、LIDS-1系列ではネットワーク越しにメールを通してアラートを管理者に送る機能がありました。しかし、LIDS-2系列ではその機能がなくなったため、メールの設定ファイルである「lids.net(表2の緑色部分)」もなくなりました。

 次回は、/etc/lids以下のファイルの内容を、さらに詳しく見ていきます。また、LIDSのACLを設定する際に必要となる知識をいくつか紹介します。

3/3
 

Index
設定ファイルを更新するlidsconfコマンド
  Page1
lidsconfコマンドの役割
  Page2
Apacheでの設定例
Sandbox用のオプション
Page3
/etc/lids以下のLIDSを設定するファイル


Profile
面 和毅(おも かずき)

サイオステクノロジー株式会社
インフラストラクチャービジネスユニット Linuxテクノロジー部
OSSテクノロジーグループ
シニアマネージャ

 学生時代よりUNIXに親しむ。1997年からサーバ構築およびセキュリティ全般を扱う仕事に従事、Linuxを使い始める。

 現在はLIDSの普及活動に注力。LIDSユーザ会(LIDS-JP)の立ち上げやLIDS関連文書の日本語化、LIDSを用いたシステム構築の紹介などを行っている。また、サイオステクノロジーでビジネス面でのLIDSの普及活動に注力している。

 2005年12月より、LIDS Teamに参加し、LIDSの公式な開発チームの一員として活動している。

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH