Security Tips
 

Windowsで最後にログオンしたユーザー名を表示しない

園田 道夫
2004/5/19

 Windows 2000マシンを起動すると、ログオンウインドウに前回ログオンしたユーザー名が表示される。パスワードを入力するだけでログオンできるというわけだ。Windows XPの場合も、「ログオンを模したプログラムからパスワード情報を守る」で紹介したように、Ctrl+Alt+Delキーを押して、アカウント名とパスワードを常に入力させる設定にしておくときには、同じことが言える。

 しかし、どのような情報にせよ、ユーザー名やアカウント名に関する情報はなるべく公開しないようにしておきたい。うっかりノートPCを電車内に置き忘れたなどして、それを拾っただれかがそのPCを起動したときに、「Administrator」や「sonoda」といった表示がされていると、パスワードを推測するための重要なヒントを与えてしまうことになるからだ。

 これを回避する方法を、OSごとに紹介したい。

●Windows 2000、Windows XP Professionalの場合

1.管理者権限を持つユーザーでログオンし、「スタート」―「ファイル名を指定して実行」から「secpol.msc」を実行する。

2. Windows 2000の場合、「ローカルポリシー」の「セキュリティオプション」下にある「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」を有効にする。

対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない拡大

3.同様に Windows XP Professionalの場合、「ローカルポリシー」の「セキュリティオプション」下にある「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」を有効にする。

●Windows XP Home Editionの場合

1.管理者権限を持つユーザーでログオンし、「スタート」−「ファイル名を指定して実行」から「regedit」を実行する。

「regedit」と入力してレジストリエディタを開く

2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft¥
Windows\CurrentVersion\policies\systemを開く。

3. DontDisplayLastUserNameの値を1(有効)に変更する。

※この方法はWindows 2000、およびWindows XP Professionalでも利用できる

【参考】
Windows TIPS「前回ログオン時のユーザー名を非表示にする


Security Tips Index



Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH