第4回 USBトークンがライフスタイルを変える未来

長谷川 晴彦
ペンティオ株式会社
代表取締役

2006/4/22

 いよいよUSBデバイスに関する連載も今回で最終回を迎える。過去3回ではUSBデバイスをUSBフラッシュメモリ、USBキー、USBトークンの3種類に分類し、それぞれの特徴と用途について見てきた。形状的にほとんど違いのないこの3つのデバイスが、実は大きく異なる特徴を持ち、異なる用途に用いられていることがご理解いただけたと思う。

 今回は趣向を変え、今後USBデバイスがどのように進化し、そしてそのことが社会にどのようなインパクトを与えていくのかについて考えてみたいと思う。

 大きなブレークスルーの可能性を秘めるデバイスは?

 まずUSBフラッシュメモリだが、このデバイスは「データを簡便に持ち運ぶ」という明確な用途が確立されており、しかもそれが一般の消費者レベルにまで浸透している。つまり、市場に適応してしまっているので、この基本的な機能と用途は今後も大きく変化するとは考えにくい。

 指紋認証などのセキュリティ機能の強化、あるいはUSBキー、USBトークン機能を付加することで、後述する「複合化」的な進化を遂げていく可能性はある。だが、USBフラッシュメモリ単体で見れば、USBキーやUSBトークンに見られる「進化」ではなくデータ容量の増加やプログラムのプリインストールといった「成長」の域を出ないだろう。

 USBキーに関しては、すでにPCロックなどのセキュリティツールとして、企業などに広く導入され始めている。しかし、ICチップを搭載していないため、よりハイエンドなセキュリティニーズを満たしていくには限界がある。

 そこでUSBキーのメーカーの中には既存のUSBキーの拡販を続ける一方で、USBトークンの企画・開発に着手している。このことは彼らがUSBキーよりもUSBトークンに市場の可能性を見いだしていることの表れと見ることもできる。

 もちろん、革新的なアイデアが、あるデバイスを根底から生まれ変わらせてしまうということもあるが、本稿では上記を前提に「USBトークン」の今後の進化を占ってみたい。

 USBトークンの3つの進化の道筋

 では、USBトークンは今後どのような進化を遂げていくのだろうか。現在のところ、この進化には3つの道筋がある。

  1. 機能進化
  2. PINの進化
  3. 複合化
図1 USBトークン進化の3本の道筋

1.機能進化

 ICチップの演算能力、メモリ容量の増大、暗号処理方式の高度化など、USBトークンのスペックそのものが向上していく。例えば、RSA暗号1024ビットがRSA暗号2048ビットへ、32KバイトのEEPROMメモリが64Kバイトへ、ICチップモジュール認定がFIPS 140-1からFIPS 140-2認定へ。こうしたスペックの向上は各メーカーともほぼ足並みをそろえて進めている。直近のUSBトークン2社の最上位機種(ペンティオ「Pentio PKI USBトークンtype 3100」、アラジンジャパン「eToken Pro 64K」)のスペックは以下のとおりだ。

製品名
Pentio PKI USB
トークン type 3100
Aladdin eToken Pro 64K
iKey 2032
(参考)
RSA鍵生成・署名 RSA2048bit RSA2048bit RSA2048bit
EEPROM 64KB 64KB 32KB
セキュリティ認定 FIPS140-2 Level3認定モジュール搭載 -
(Pro 32KはFIPS140-1 Level2を取得している:認定No.293)
FIPS140-1 Level2:認定No.161
USB抜き取り時動作 証明書ストアからクライアント証明書を自動削除する 証明書ストアからクライアント証明書を自動削除することも、キャッシュさせて高速認証することもできる【編注】  

【記事の訂正(2006年7月21日)】
本記事公開時において、「Aladdin eToken Pro 64K」のUSB抜き取り時動作について事実と異なる記述がされておりました。以下のように訂正いたします(編集部)。

【誤】 証明書ストアにクライアント証明書が残留する
【正】 証明書ストアからクライアント証明書を自動削除することも、キャッシュさせて高速認証することもできる

2.PINの進化

 PIN(Personal Identification Number)入力はユーザーがICカードやUSBトークンを使ううえで、1つ弱みとなっている。ID/パスワードと同様、ユーザーの記憶に頼るため管理が面倒だ。安易にメモしておいてデバイスと一緒に紛失してしまったら目も当てられない。また、複数のUSBトークンを使用する場合、それぞれに異なるPINが設定されると、そのすべてを記憶するのは大きな負担になる。

 そこで記憶に依存しない認証方式として注目されているのが指紋認証などのバイオメトリクス認証である。すでに指紋リーダを搭載したUSBトークンも一部に発表されており、PIN管理の煩わしさからユーザーを解放し、USBトークンのユーザビリティを向上させる進化として注目されている。

3.複合化

 例えば、フラッシュメモリを搭載したUSBトークンのように、これまで3つの種類に分かれていたUSBデバイスが複合化していくという流れである。フラッシュメモリに証明書を活用するアプリケーションを搭載したUSBトークンやワンタイムパスワード機能などのJavaプログラムを搭載できるUSBトークンなどが生まれてきている。

図2 USBデバイスの複合化

1/3

Index
USBトークンがライフスタイルを変える未来
Page1
大きなブレークスルーの可能性を秘めるデバイスは?
USBトークンの3つの進化の道筋
  Page2
USBトークンが社会に与える大きなインパクト
USBデバイスの複合化がもたらすメリット
  Page3
技術を超えた価値を提供することが求められる
証明書/秘密鍵デバイスとしてはUSBデバイスが最適

USBデバイスとセキュリティ バックナンバー


USBデバイスとセキュリティ 連載インデックス


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH