セキュアOS動向解説

想像以上?! お隣韓国のセキュアOS事情(後)


田口 裕也
日本高信頼システム株式会社
システム営業本部 営業支援部
マーケティング担当マネージャ
2007/3/16
前編では韓国セキュアOSが想像以上に普及していることを解説した。後編では、普及を後押しする認定制度と海外への進出、そして韓国セキュアOSが抱える問題点についてを取り上げる。また、日本のセキュアOS事情もあわせてお伝えする(編集部)

 前編では韓国においてセキュアOS技術がすでに当たり前のように使用されており、多くの機関や企業で採用されている現状を紹介しました【参考1】。後編では、韓国で普及したセキュアOSにはどのような特徴があるのか、また、韓国内だけではなく日本や中国にも輸出されている海外進出動向の解説、最後は日本におけるセキュアOS普及の取り組みについて紹介します。

【参考1】
韓国のセキュリティ製品の普及度についてはKISA(Korea Information Security Agency:韓国情報保護振興院)から公開されています、「情報保護実態調査2006」の資料よりセキュアOSの普及度を確認することができます。

2006年の情報保護実態調査
http://www.secureosforum.org/download/data_read.htm?id=267

 韓国で開発されたセキュアOSとは

 日本でも多くの情報を得ることができるセキュアOSは、米国で開発された製品がほとんどです。米国製でも韓国製でも強制アクセス制御や最小特権といった仕組みを実現することは同じですが、米国製は特定のプラットフォーム上のみでしか動作させることができません。SELinuxやAppArmorはLinuxでしか搭載することはできませんし、TrustedSolarisはSolarisのみでしか搭載することができないのです。【注1】

【注1】
米国のArgus社が開発しているPitBullシリーズはカーネルパッチ形式のためSolarisとAIXで動作可能です。Linux版のリリースもあります。
日本国内ではWindows対応のPitBullProtectorPlusが販売されていますが、米国での販売は行われていないようです。

 それに対して韓国で開発されたセキュアOSは、マルチプラットフォーム対応であることが特徴です。UNIX、LinuxのほかにWindowsにも対応しているのです。OSを開発している企業はほぼ米国企業であり、直接OSに手を加えることができないため、LKM(Loadable Kernel Module)やLSM(Linux Security Module)といったモジュール形式で提供されています。そのため、UNIX、Linux、Windowsの混在環境の場合でも、同一製品のセキュアOSで統一して保護することができます。

 また、ユーザーからの意見を反映しやすいこともあり、導入しやすく日々の運用管理がしやすいような機能が満載で開発されました。さらに、セキュアOSを導入した複数台のサーバーを一括して管理できる構成や、GUI管理マネージャの付属も大きな特徴です。

図1 韓国産セキュアOSの構成例

図2 管理マネージャの画面イメージ(Hizardの管理マネージャの場合)
Secubrain社サイトの動画より引用)

 後方支援する韓国産ソフトウェア認定制度

 韓国内で開発されたソフトウェアには、国際標準規格のCommon Criteria(以下、CC)以外にも韓国政府が品質を保証してくれる認定制度がとても充実しています。代表的な認定制度を以下に紹介します。

 GoodSoftware認証

 韓国内で開発されたソフトウェアが受ける認定として代表的なのが「GoodSoftware認証」(以下、GS認証)です。これは、韓国情報通信技術協会(TTA:Telecommunications Technology Association)がソフトウェアの完成度を評価して、水準以上の技術力や利便性、信頼性などを実装している製品だけを認定する制度です。

 このような韓国政府が支援して第三者が行う試験と品質評価による認定制度を提供することにより、ソフトウェアの品質向上とさらなる開発を誘って製品の信頼性向上と国際競争力を確保することを狙っています。GS認証を取得すると以下のような特典を受けることができます。

  • 情報通信省指定のソフトウェア品質認証機関で公認された製品として顧客への信頼性を確保
  • 国際認証獲得を通じた海外市場進出の支援
  • 認証獲得製品の報道とWebサイトへの掲載
  • 調逹庁の調逹単価契約締結および製品登録
  • GS認証製品の販売支援

 詳細についてはGoodSoftware認証のサイトで確認することができます。

 IT新製品(NeP)認証

 また、韓国情報通信省電波工学研究所が行っているIT新製品(NeP:New Excellent Product) 認証制度(以下、NeP認証)もあります。NeP認証とは韓国内で最初に開発された技術を使用して開発された製品の技術性、事業性、性能、品質、製造方法の品質を産業界、学界、研究機関などの専門家で構成された審査委員会で評価し、優秀な製品はNeP認証として認定して、製品の販売拡大などを総合的に支援する制度です。

 認定を受けるためには国内で最初に開発された新技術を適用して開発された製品として経済的、技術的に影響力が大きく、性能と品質が優秀であり、実用化してから3年以内の新開発製品が条件です。【参考2】

【参考2】
セキュアOS関連ではTSonNet社のREDOWLがNeP認証を取得しています。

「REDOWL SecuOS」IT新製品(NeP)認証獲得
http://www.tsonnet.co.kr/sub04/sub04_1.php?mode=read&id=29

 詳細についてはNeP制度のサイトで確認することができます。

1/3

Index
想像以上?! お隣韓国のセキュアOS事情(後)
Page1
韓国で開発されたセキュアOSとは
後方支援する韓国産ソフトウェア認定制度
GoodSoftware認証
IT新製品(NeP)認証
  Page2
韓国で開発されたセキュアOSの機能概要
韓国セキュアOS市場の問題点も
  Page3
韓国セキュアOS企業の海外進出動向
日本におけるセキュアOS普及への取り組み
期待できる日本でのセキュアOS市場

関連記事
  連載:SELinuxの最新動向
  連載:セキュアOS「LIDS」入門
  SELinux Policy EditorでSELinuxを簡単に
  Red Hat Enterprise Linux 5で始めるSELinux
  ITmedia エンタープライズ:SELinuxの現状:使いやすさの改善が進むSELinux

Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH