TITLE BITMAP
システム管理者のスキルアップに役立つオンライン・ドキュメント・ディレクトリ
 
(2002/07/05 更新)
●カテゴリ別ショートカット
右矢印サーバ・ハードウェア全般 右矢印ストレージ 右矢印プロセッサ
右矢印メモリ・サブシステム 右矢印拡張バス/I/Oインターフェイス 右矢印ネットワーク
右矢印バックアップ 右矢印スケーラビリティ 右矢印可用性
右矢印IA-64 右矢印サーバOS 右矢印運用管理
右矢印データベース 右矢印Webサーバ 右矢印アプリケーション環境
右矢印ストリーミング    

  サーバ・ハードウェア全般 トップへ戻る >>
日本IBM
(2001/03)
IBM X-アーキテクチャー2001 PDF
IBMのIAサーバ「eserver xSeries」に関する設計方針であるX-アークテクチャの解説(2001年版)。サーバのコア・ロジックからストレージまで、現在または今後、組み入れられようとしている技術などが解説されている。
コンパックコンピュータ
(2001/02)
Compaq x86サーバ ファミリが提供し続ける付加価値機能と技術革新の歴史
コンパックのIAサーバ・ファミリの各種オプションや機能とその歴史的経緯について解説されている。
デルコンピュータ
サーバ基本概要
サーバの選択を行うにあたり、考慮すべき要素であるビジネス規模と実行するアプリケーションの分類方法が簡潔に解説されている。
デルコンピュータ
デスクトップvsサーバ
サーバに求められる3つの主要な項目であるパフォーマンス、拡張性、可用性について、PCとサーバの違いを簡潔に述べられている。
富士通
ハードウェア品質向上の取り組み
富士通がこれまでに行ってきた品質向上への取り組みやサポート体制などが説明されている。

  ストレージ トップへ戻る >>
日本IBM ディスクの容量を向上させる技術
ゾーンド・ビット・レコーディングやMRヘッドなどハードディスクの高容量化に貢献してきた技術について、簡単に解説されている。
日本IBM 磁気ディスクの構造
ハードディスク内部の磁気ディスクの構造と記録の方法について、図を交えつつ、ごく簡単に解説されている。
日本IBM
(1997/12)
ハードディスクドライブ媒体のエラーについて PDF
ハードディスクの構造とその記録媒体(プラッタ)の製造方法を説明したうえで、プラッタに存在する欠陥と、メーカーによる欠陥対策が説明されている。
日本マックストア
137 ギガバイトの壁を克服
従来のIDEハードディスクが抱えている137Gbytesの容量制限が発生する理由と、その解決のために提案されているIDEの正式規格「ATA/ATAPI-6」が解説されている。
アダプテックジャパン
RAIDって何?
RAIDの各レベルやRAIDコントローラの役割が簡単に説明されている。
コンパックコンピュータ
(2002/02)
Smartアレイ テクノロジー:バッテリで保護されたキャッシュの利点
RAIDコントローラ上に搭載されたキャッシュ・メモリをバッテリ・バックアップする必要性と、そのバッテリの選択基準やメンテナンス方法について簡潔に説明されている。
日本IBM
(2001/08)
IBM eserver xSeriesのServeRAIDテクノロジー PDF
eserver xSeriesサーバ向けに提供されているRAIDコントローラ「ServeRAID」のRAIDレベルとその概要、メリット/デメリットなどが説明されている。
コンパックコンピュータ
(2001/08)
サーバ環境におけるパラレルATAとSCSI ハードドライブテクノロジの評価と比較
サーバ・システムに用いられている一般的なハードディスク・インターフェイスであるSCSIとパラレルATAのそれぞれの特徴や機能上のメリットを取り上げ、最適なハードディスク・インターフェイスを選択するのに役立つ情報が述べられている。
デルコンピュータ
(2001/08)
ストレージニーズに最適に応えるPowerVault ミッドレンジNASソリューション PDF
デルのNAS(Network Attatched Storage)製品である「PowerVault 735N/750N/755N」について、特徴や性能、導入の手順などが解説されている。
デルコンピュータ
(2001/06)
PowerVaultストレージエリアネットワーク(SAN) 4.0を利用したMicrosoft Exchange 2000の構築 PDF
PowerVault製品によるSAN環境でPowerEdgeサーバを用いてMicrosoft Exchange 2000を構築するためのガイドラインが、実際のテスト結果を交えて詳細に解説されている。
デルコンピュータ
(2001/03)
PowerVault 530FエンタープライズSANアプライアンス-パーフォーマンスの特性 PDF
PowerVault 530FとPowerEdgeサーバを組み合わせたSAN環境にて、各種ベンチマーク・テストを実行した結果とその分析が掲載されている。
デルコンピュータ
(2000/11)
SANテクノロジー PDF
SAN(Storage Area Network)の特徴や、ストレージ統合などソリューション別に導入した場合のメリットが説明されている。
コンパックコンピュータ
(2000/10)
今日の大容量ストレージに対応する新しい高度なRAIDレベル:アドバンスト データ ガーディング (ADG)
従来のRAIDレベルより高い信頼性と低い実装コストを実現するというRAID ADGの特徴と、従来のRAIDレベルとの比較が解説されている。
富士通
(1999/03)
GRANPOWER5000シリーズをより安心してお使い頂くために ハードディスク(RAID編) PDF
RAIDシステムの概要や導入時の選択とその運用方法や注意事項などについて説明されている。
デルコンピュータ
NAS(Network Attached Storage)
NASの特徴とさまざまな規模にそれぞれ対応する同社のNAS製品が簡単に説明されている。
デルコンピュータ
RAIDテクノロジの特性
RAID 0/1/4/5/10について、それぞれメリット/デメリットが図解されている。
デルコンピュータ
RAIDとは?
RAIDを追加することが有効なサーバの状態が簡潔に述べられている。

  メモリ・サブシステム トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2001/04)
Pentium III Xeonのキャッシュ容量の違いによる性能比較
Pentium III Xeon-700MHzの2次キャッシュ容量が1Mbytesと2Mbytesそれぞれの場合について、ProLiant 8500サーバとExchange 2000などを使用した5種類のベンチマーク・テストを実行し、性能比較を行った結果が記されている。
コンパックコンピュータ
(2001/03)
新たな挑戦-Compaqアドバンスト メモリ プロテクション ストラテジの推進
搭載メモリの大容量化に伴って、メモリ・エラーの発生率も上昇している。そのメモリ・エラーの発生するメカニズムや、エラー対策としてコンパックが提供しているオンライン スペア メモリ、ホットプラグ ミラー メモリ、ホットプラグRAIDメモリの仕組みや効果について解説されている。

  拡張バス/I/Oインターフェイス トップへ戻る >>
日本IBM IDE(ATA)入門
IDEとATAの関係やIDE(ATA)規格の歩み、マスタ/スレーブなど、IDE(ATA)に関する基本的な事柄が解説されている。
日本IBM
(1999/09)
PCI Hot-Plugソリューション PDF
PCIホットプラグの仕組みと、PCIホットプラグのHot Addなどによって実現可能となる機能が解説されている。また、後半部分ではPCIホットプラグにおいてハードウェアとソフトウェアのはたす役割が説明されている。
日本IBM SCSI入門
SCSIの各規格の転送速度やケーブルのコネクタ形状、NarrowとWideの違いなど、基礎の部分からSCSIが解説されている。
アダプテックジャパン
Ultra320 SCSIテクノロジホワイトペーパー
Ultra160 SCSIの次世代規格であるUltra320 SCSIについて、その概要から、トレーニング・パターン・テストやPRE-COMP(電気信号の前補償)といった技術まで、簡単に説明されている。
アダプテックジャパン
SCSIを次の段階へと導くUltra160 SCSI
Ultra160 SCSIの特徴や歴史的経緯が簡単に説明されている。
日本IBM
(2001/11)
エンタープライズ X-アーキテクチャーのリモートI/OとIBM eserver xSeriesサーバー PDF
PCIやPCI-Xのスロットを外部拡張ユニットによりサーバに追加できる技術「リモートI/O」について解説されている。この技術によって、例えばスロット数の少ないサーバであっても、スロットの拡張が必要になった時点で外部拡張ユニットを導入してスロット数を増やすことが可能になるという。
コンパックコンピュータ
(2001/08)
PCI-X アーキテクチャの概要
PCI-Xの主な機能やプロトコルなどをまとめた簡潔なプレゼンテーション資料が掲載されている。
デルコンピュータ
(2000/11)
ファイバ・チャネルテクノロジ PDF
高性能シリアルI/Oプロトコルであるファイバ・チャネルについて、基本的な解説とSCSIとの簡単な比較が行われている。
日本ヒューレット・パッカード
(2000/06)
Ultra3 SCSI:信頼性、パフォーマンス、そしてスピード PDF
SCSIの歴史を述べたうえで、Ultra3 SCSIの5つの特徴のうちUltra160 SCSIに採用されたCRC(巡回冗長検査)、ドメイン妥当性検査、ダブル転送クロックについて解説されている。
コンパックコンピュータ
(2000/03)
PCI-X: PCIバスの進化
従来のPCIバスと互換性を維持しながら、最大ピーク帯域幅を1066Mbytes/secに向上させたバス・アーキテクチャであるPCI-Xの概要が説明されている。
コンパックコンピュータ
(1999/07)
PCIホットプラグテクノロジの利点
サーバの電源を落とさずにPCIカードを交換、追加、アップグレードできるようにしたPCIホットプラグの概要とメリットが述べられている。
コンパックコンピュータ
(1999/07)
PCIホットプラグテクノロジとMicrosoft Windowsアーキテクチャ
PCIホットプラグを実現するために必要なハードウェアとソフトウェアの条件、Windows NT 4.0/2000におけるPCIホットプラグのサポート方法について解説されている。
アダプテックジャパン
Ultra160 SCSI と Ultra2 SCSI − 規則の中で共存
Ultra160 SCSIが策定された歴史的経緯や、Ultra160 SCSIがUltra2 SCSIと共存できることが詳しく説明されている。

  プロセッサ トップへ戻る >>
Intel Intel Itanium Processor: High Performance On Security Algorithms 英語
SSLなど短時間に多くの計算を要する暗号化技術におけるItaniumのアドバンテージが解説されている。

  ネットワーク トップへ戻る >>
アダプテックジャパン ネットワーク・ストレージのためのiSCSI
TCP/IPネットワークを利用したストレージ接続プロトコル「iSCSI」の実現可能性や必要性、メリット、ネットワーク構成の概略などが、図版を交えて分かりやすく解説されている。
日本ユニシス
UNISYS e-@ctionサーバ上でWINDOWS 2000 TERMINAL SERVICESのもとに3通りの帯域幅でテストしたMICROSOFT OFFICE 2000の実行 PDF
Windows 2000 Advanced Serverと複数のクライアントPCを接続した環境で、Terminal ServicesによりOffice 2000を実行したときのベンチマーク・テスト結果が掲載されている。プロセッサ数やクロック周波数の異なる3種類のサーバと、28.8kbits/s/56.6kbits/s/100Mbits/sという3種類の接続速度のもとでベンチマークを行い、クライアントPCでの画面描画といった各処理への影響が計測されている。
デルコンピュータ
ネットワーキングの概要
ネットワークとサーバ・システムの導入によって実現できることと、そのメリットを述べたうえで、ネットワークの種類と主要なネットワークのコンポーネントについて説明されている。

  バックアップ トップへ戻る >>
デルコンピュータ
(2001/07)
LTO Ultriumがもたらす新しいレベルのテープデータ保護 PDF
1つのカートリッジで圧縮時最大200Gbytesの容量を提供するLTO Ultraと、その第1世代の製品であるPowerVault 110T LTOの信頼性などが説明されている。
デルコンピュータ
(2000/11)
正しいテープテクノロジを選択をするためのガイドライン PDF
テープドライブの記録方式であるヘリカルスキャン方式とリニア方式それぞれの特徴と選択のポイントが解説されている。
デルコンピュータ
(2000/11)
正しいバックアップアーキテクチャを選択をするためのガイドライン PDF
バックアップ・アーキテクチャとして「ダイレクト・アタッチト・テープ」「LANベース・バックアップ」「共有SANベース・バックアップ」が紹介され、それぞれのメリット/デメリットが解説されている。
デルコンピュータ
(2000/11)
正しいバックアッププランを作るためのガイドライン PDF
業務データをどれくらいの間隔でバックアップすればよいのか、といった効率的なバックアップ管理プラン策定を支援する情報が掲載されている。
富士通
(1999/10)
高信頼システム構築ガイド(バックアップ設計編) PDF
データの信頼性確保に不可欠なバックアップの必要性およびバックアップ設計時のポイントが解説されている。

  スケーラビリティ トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2001/08)
Compaq ProLiant DL360サーバ(1.266 GHzプロセッサ搭載)のスケーラビリティと性能
ProLiant DL360サーバ(1.266GHzプロセッサ搭載)で、Windows 2000 Terminal ServicesとCitrix MetaFrame XPを稼動させた際、利用できた最大クライアント数について検証が行われている。
コンパックコンピュータ
(2001/07)
Compaq ProLiant DL380サーバ(1.133GHzプロセッサ搭載)のスケーラビリティと性能
ProLiant DL380サーバ(1.133GHzプロセッサ搭載)でWindows 2000 Terminal ServicesとCitrix MetaFrame XPを稼動させた際、利用できた最大クライアント数について検証が行われている。
コンパックコンピュータ
(2001/02)
Compaq ProLiant DLライン サーバ上のWindows 2000 Terminal Services
ProLiantサーバ・シリーズでWindows 2000 Terminal ServiceとCitrix MetaFrame XPを稼動させた際、利用できた最大クライアント数について検証が行われている。
コンパックコンピュータ
(2000/08)
Compaq ProLiantサーバとMicrosoft Windowsでのスケールアップとスケールアウト
インターネット・アプリケーションを運用するサーバを拡張するのに際し、個々のサーバ性能向上によるスケール・アップと、サーバ追加によるスケール・アウトどちらを選ぶべきか、同社のDISA(Distributed Internet Server Array)アーキテクチャを中心に解説されている。

  可用性 トップへ戻る >>
インテル マイクロソフトWindows NTで稼動するインテル・アークテクチャ・ベースのサーバによる高可用性の実際 PDF
インターネット・ホスティングの運用サービスを手掛けるDigex社が記した、IAサーバの可用性に関するレポート。ハードウェアの不具合の発生率がいかに低いかを述べたあと、そのほかの不具合の原因とその対策が実例で示されている。
コンパックコンピュータ
(2002/02)
Compaq Smartアレイ クラスタ ストレージテクノロジー
クラスタ・システムを実現するための外付けRAIDディスク・ユニット「Smartアレイ クラスタ ストレージ」の仕組みや技術、その効果などが説明されている。
日本IBM
(2001/07)
IBM eserver xSeries ハイ・アベイラビリティ・アーキテクチャー PDF
xSeriesで高可用性を実現している技術の概説と、クラスタリングで実現できる可用性とスケーラビリティ、性能の向上に関する解説、さらにWindows 2000などのOSにおけるクラスタ機能などについて掲載されている。
日本IBM
(2001/03)
IBM eserver xSeries OnForever構想2001 PDF
メインフレームと同等レベルの可用性を、IAサーバ「eserver xSeries」で実現しようとするIBMのOnForever構想(2001年版)と、Active PCIやChipKillメモリなどの技術の概要が説明されている。
日本電気
(2001)
Express 5800/ft サーバ PDF
Express5800/ft サーバがどのように高可用性を実現しているか、ハードウェアとソフトウェアの両面から説明されている。
日本電気
(1998)
クラスタシステム概説 PDF
Windows NTにおけるクラスタ技術の概要と日本電気のWindows NT上でのクラスタシステム「CLUSTERPRO」についての説明されている。

  IA-64 トップへ戻る >>
富士通 IA-64ご紹介
IA-64の概要と富士通のIA-64に対する取り組みが説明されている。

  サーバOS トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2001/11)
Microsoft Windows 2000とMicrosoft Exchange 2000によるコンパック インフラストラクチャの整理統合
Windows NT 4.0からWindows 2000への移行と、Exchange 5.5からExchange 2000への移行、それらの整理統合作業についての要旨が記載されている。
コンパックコンピュータ
(2001/01)
強力なコンビネーション:Compaq ProLiantサーバとMicrosoft Windows 2000
Windows 2000の特徴やProLiantサーバ・シリーズの製品概要、サービス、管理ツールなど、ProLiantシリーズへのWindows 2000導入を支援する情報が記載されている。

  運用管理 トップへ戻る >>
日本IBM
(2001/01)
IBM Director with UM Service PDF
業界標準に基づいて設計されたシステム管理ソフトウェア・ソリューションであるIBM Directorの解説と、その導入によって得られるメリットについて述べられている。
日本電気
(2000/05)
リモートマネージメント機能 PDF
日本電気のExpress5800サーバ・シリーズに搭載されているリモート管理機能によって収集できる情報や、リモートから制御できる項目などが解説されている。

  データベース トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2002/02)
Compaq ProLiantサーバが大規模 データ ウェアハウスの性能と価格性能比で新記録を樹立
ProLiantサーバとWindows 2000 Advanced Server、IBM DB2 UDBという組み合わせで、大規模なデータウェアハウスを用いたベンチマーク・テストを実行した結果が記されている。
デルコンピュータ
(2001/06)
デルのストレージエリアネットワークでのMicrosoft SQL Serverの稼動 PDF
SAN環境において、単一サーバ構成と2ノード・クラスタ構成でSQL Server 2000をセットアップ/設定する方法の概要と、バックアップ/リストア時のスループットのベンチマーク結果が掲載されている。
コンパックコンピュータ
(2001/02)
Compaq ProLiantサーバとMicrosoft SQL Server 2000の性能をアップするスケールアウトソリューション
コンパックのDISA(Distributed Internet Server Array)アーキテクチャをベースにしたスケール・アウトのデータベース・システムと、その導入で得られるメリットが説明されている。

  Webサーバ トップへ戻る >>
デルコンピュータ
(2001/06)
SUNプラットフォームからPowerApp.webアプライアンスへの移行 PDF
Sun Netra t1からPowerApp.webのアプライアンス(Windowsモデル)に移行し、Perl CGIをWindows上のActivePerlで動作させた場合やCGIスクリプトをASPに変換して動作させた場合のテスト結果が掲載されている。

  アプリケーション環境 トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2001/09)
Compaq ProLiant DL380 G2が、2-WayのPentium IIIプロセッサ システムとしてMicrosoft Exchange Server 2000の最高記録を樹立
Compaq ProLiant DL380 G2サーバ上でMicrosoftのMessaging Application Program Interfaceメール環境において1営業日8時間勤務を想定してユーザー作業をシミュレーションしてスループットを計測した結果が掲載されている。

  ストリーミング トップへ戻る >>
コンパックコンピュータ
(2001/02)
複数のフォーマットに対応可能なストリーミング メディア用エッジサーバ ソリューション
Microsoft Windows Media、RealNetworks RealMedia、Apple QuickTimeという3種類のストリーミング・フォーマットを、統合された1つのシステム内で使用するストリーミング・メディア・ソリューションの導入支援について解説されている。



目次ページへ 「System Insiderの資料」



System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH