特集

Pocket PCのターミナル・サービス運用術
――どこまでできるPocket PCによるサーバのリモート管理――

デジタルアドバンテージ
2002/11/09


 打ち合わせや休暇で出かけているときに限って、自分が管理するサーバが不調になったりするものだ。サーバを再起動させることで復旧可能な場合も多いのだが、外出先では対応がなかなか難しい。また、外出先でサーバの共有ファイルや社内のデータベースにアクセスしたいと感じた経験を持つ人も多いだろう。めったに起きない(起こってほしくない)万一のときのために、普段から重いノートPCを持ち歩くというのは現実的ではない。携帯電話といいたいところだが、さすがに携帯電話では、あまりにも制約がありすぎて現実的ではない。それでは、PDAならどうだろうか? これが本稿の主旨である。本稿では、実際にPDAを使ってリモートからサーバに接続し、サーバ管理を体現してみる。果たしてそのようなことは可能なのか? 設定や運用のコツやテクニックはあるのか? 数々の疑問点に体当たりし、その結果をご報告したい。なお本稿では、PDAとしてマイクロソフト製OSを搭載するPocket PCを使用する。

 すでにPocket PCを単なるスケジュール管理や電子メール端末として使っている人も多いだろう。社内のネットワークの設定にも依存するが、VPNとWindows 2000 Server/Windows XP Professionalのターミナル・サービス機能などを利用することで、Pocket PCを使ったサーバなどのリモート管理が行える。そのためには大きく分けて、以下の2つの設定をPocket PCに施す必要がある。

  • VPNクライアントの設定
  • ターミナル・サービス・クライアントの設定

 ここでは、この2つの設定を中心にPocket PCによるサーバのリモート管理に挑戦してみたい。なお、テストに用いた機材は、東芝のGENIO e550XとコンパックのiPAQ H3630(Pocket PC 2002にアップグレード済み)である。どちらも2世代前の機種であり、少々古いが、最新のXScale搭載Pocket PCでも設定方法は変わらないはずだ。なお、データ通信カードおよびサービスには日本通信のb-mobile U-100Cを用いた。

大きな写真へ 大きな写真へ
GENIO e550Xとb-mobile U-100C iPAQ H3630とEtherCF-TD
b-mobile U-100CはDDIポケットの通信網を使った定額制のPHSデータ通信サービスである。最大128kbits/sのデータ通信が行える。 EtherCF-TDは、コンパクトフラッシュ型のイーサネット・インターフェイス・カード。ターミナル・サービスのテストを行う際に、こうしたカードを使うと便利だ。
 
 

 INDEX
[特集]Pocket PCのターミナル・サービス運用術
    1.外出先から安全にサーバにアクセスするためのVPN設定
    2.サーバをリモート管理するためのターミナル・サービスの設定
 
 「System Insiderの特集」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH