特集
x86互換の64bitプロセッサ「AMD Opteron」の実力と課題

1. AMD64のOS/アプリケーション環境は?

元麻布春男/デジタルアドバンテージ
2003/07/24


OSやアプリケーションの対応状況

 AMD64 ISAが32bit環境からスムースな移行が可能な64bitアーキテクチャであっても、64bit環境を活かすには、それに対応したOSやアプリケーションが必須である。IPFが、64bit環境を整えるのに時間がかかり、プロセッサの出荷が1年も遅れたことは記憶に新しい。

 OSとしては、現在のところSuSEやTurbolinuxなどがAMD64 ISAに対応している。Windows Server 2003については、Service Pack 1の発表と同じタイミングで製品版がリリースされる予定だ。ただし、IPFと同様、現時点ではWindows Server 2003 Enterprise EditionとDatacenter Editionの英語版に限られるとされている(英語版でも日本語アプリケーションの実行は可能)。また、現時点ではOEM向けのみの出荷であり、パッケージ販売の予定はないという。そのため、Windows Server 2003で32bit環境からスタートし、必要性に応じて64bit環境に移行したいという場合に現時点ではハードルが残ることになる。ミドルウェアやアプリケーションとなると、やっとプロセッサが登場したばかりということもあり、AMD64 ISAの64bit対応には時間がかかりそうだ。

 AMD64 ISAでは、64bit OSや64bitアプリケーションがそろわない状態でも、既存の32bit環境で利用可能だ。前述のAMDのベンチマーク・テストの結果によれば、フル64bit環境に比べて性能は若干落ちるものの、Intel Xeonに十分に対抗可能な性能を発揮している。当面は32bit環境での利用か、科学技術計算などの汎用アプリケーションが不要な特定用途で64bitプロセッサとして使われることになるだろう。

モード OS アプリケーションのリコンパイル アドレス・サイズ(bits) オペランド・サイズ(bits)   拡張レジスタ 汎用レジスタ幅(bits)
ロング モード    64bitモード 新しい64bit OS
64
32
64
互換モード
×
32
×
32
16
レガシー・モード 既存の32bit/16bit OS
×
32
32
×
32
16
16
表区切り
AMD64 ISAの動作モード
レガシー・モードは既存のx86アーキテクチャでの動作モード、ロング・モードは64bit環境での動作モードとなる。ロング・モードの互換モードでは、新しい64bit OSが必要になるものの、既存のx86アプリケーションがそのまま実行できる。

AMD Opteronのラインアップ

 前述のようにAMDは、将来的にはすべてのセグメントにおいてAMD64 ISAをサポートした64bitプロセッサに移行する。その第1弾製品として出荷が開始されたのが、サーバ/ワークステーション向けの「AMD Opteron」である。4月の発表時点では、2ウェイ対応のモデル240/242/244の3モデルのみであったが、6月30日には4ウェイ/8ウェイのサーバ向けの「AMD Opteron 800シリーズ」とシングルプロセッサ向けの「AMD Opteron 100シリーズ」を追加している。

製品名 価格
AMD Opteron モデル840 9万3625円
AMD Opteron モデル842 16万2375円
AMD Opteron モデル844 26万8625円
AMD Opteron モデル240 3万5375円
AMD Opteron モデル242 8万6250円
AMD Opteron モデル244 9万9250円
AMD Opteron モデル140 2万8625円
AMD Opteron モデル142 5万4750円
AMD Opteron モデル144 8万3625円
表区切り
発表時の各モデルの価格(1000個ロット時)

 AMD Opteronは、製品ラインアップ上はAMD Athlon MPの後継という位置付けとなるが、AMD Athlon MPが営業的にそれほど成功したといえないこともあり、事実上、AMD初の本格的なサーバ/ワークステーション向けプロセッサである。32bitプロセッサにおいては、Intel Xeon/Xeon MPの対抗製品ということになる。また64bitプロセッサとしては、2003年後半にIntelから出荷が予定されているデュアルプロセッサ(DP)向けItanium 2(開発コード名:Deerfield)の対抗となるだろう。

 しかし、Intelはすでに何年もかけて、サーバ/ワークステーション市場での地位を築いてきている。そして、この市場は性能や価格だけでなく、信頼性や将来性といった面も評価される。クライアントPC市場においては、価格と性能でIntelの市場を奪ってきたAMDだが、同じことがサーバ/ワークステーションにも通用するのか、次ページからAMD Opteron搭載サーバを見て、Intel Xeonなどと対抗可能な製品に仕上がっているのか検証してみよう。


 INDEX
  [特集]x86互換の64bitプロセッサ「AMD Opteron」の実力と課題
  1.AMD64のOS/アプリケーション環境は?
    2.AMD Opteron搭載サーバの実用性
    3.HPC用途のサーバとしては最適なAMD Opteron搭載サーバ
 
 「System Insiderの特集」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH