コンテンツ高さを表すheightプロパティ
height

 heightプロパティは、ボックスのコンテンツ高さを表します。

 heightプロパティで指定するコンテンツエリアの外側には、paddingbordermarginという順番で空白・けい線を表すプロパティにより覆われています。

基本データ

構文 セレクタ{height:値;}
継承 ×
絶対的なサイズをpx(ピクセル)を使って指定する場合
○○px
相対的なサイズを%(パーセント)、em(イーエム)を使って指定する場合
○○%、○○em
親から継承させる場合
inherit
効果 ボックスのコンテンツ幅を設定できる
初期値 なし
適用個所 すべての要素

ほげほげですね。

p {
height: 40px;
border:#000000 solid;
}

動作Webブラウザ

Internet Explorer 全バージョン
Firefox 全バージョン
Safari全バージョン
Opera全バージョン
Chrome全バージョン
iPhone/iPad 全バージョン

標準JavaScriptによるDOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値】").style.height

jQueryを使った参照方法

$('【セレクタ】').css('height','【値】');
$('【セレクタ】').css({'height':'【値】'});

有限会社タグパンダ
喜安 亮介




HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH