どの文字で表示させるかを指定できるfont-familyプロパティ
font-family

 フォントの種類を指定する際に使用します。このプロパティには複数のフォント名を記述でき、各ユーザー環境に入っているフォントの中で、自分の希望するフォントを表示できます。

 ただし、各ユーザー環境では、指定したフォントが入っていない場合が考えられます。その場合、serif(明朝体)、sans-serif(ゴシック体)などと指定することで、イメージに近いフォントを表示できます。

 また、全角、半角、大文字、小文字など区別させるので、フォント名を記述の際には注意しましょう。

基本データ

構文 セレクタ{font-family:値;}
継承
キーワードを使って指定する場合
'ファミリ名'、総称ファミリ名(serif、sans-serif、cursive、fantasy、monospace)
親から継承させる場合
inherit
効果 どの文字で表示させるかを指定できる
初期値 各ユーザーエージェントによる
適用箇所 すべての要素

ほげほげですね。

p { font-family: 'Arial','MS Pゴシック',sans-serif;}

動作Webブラウザ

Internet Explorer 5.5、6.0、7.0、8.0以上
Firefox 全バージョン
Safari全バージョン
Opera全バージョン
Chrome全バージョン
iPhone/iPad全バージョン

標準JavaScriptによるDOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値】").style.fontFamily

jQueryを使った参照方法

$('【セレクタ】').css('font-family','【値】');
$('【セレクタ】').css({'font-family':'【値】'});

有限会社タグパンダ
喜安 亮介




HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH