外部アセットを読み込むためのobject要素
<object>……</object>

 object要素は「generic embedded object」の略で、FlashのSWFファイル、Javaアプレット、画像、動画といった外部アセットを読み込む際に使い、インライン要素・ブロック要素の両方を内包できます。

 後方互換性を確保するため、embedタグとセットでマークアップされることがよく知られています。しかし、将来的にHTMLの仕様では、embed要素が廃止される予定にあり、objectタグとInternet Explorer独自の「コンディショナルコメント」を使ったマークアップ方法が最近ではよく使われています。

<html>
<head>
<title>object要素</title>
</head>
<body>

<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000"
codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=10,0,0,0"
width="300" height="300" id="test" align="middle">
<param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />
<param name="allowFullScreen" value="false" />
<param name="movie" value="test.swf" />
<param name="quality" value="high" />
<param name="bgcolor" value="#ffffff" />
<embed src="test.swf" quality="high" bgcolor="#ffffff" width="300" height="300" name="test" align="middle"
allowScriptAccess="sameDomain" allowFullScreen="false" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.adobe.com/go/getflashplayer_jp" />
</object>

</body>
</html>

DOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値名】")

オプション属性

属性 機能 入力例 DOM参照
declare "declare" オブジェクト
の宣言だけで、
Webブラウザ
への読み込み
処理を保留する
<object classid="D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" declare>
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").declare
classid URL Webブラウザに
読み込ませたい
オブジェクトへ
のURLを指定
※1
<object classid="D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000">
</object>
[window.]document.【ID属性値名】.classid
codebase URL オブジェクトを
取得する際に
基準となる
ベースURL
を指定
<object classid="sampleapp.class"
  codebase="http://www.example.com/classes/">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").codebase
data URL 埋め込む
データファイル
のURLを指定。
img要素のsrc属性
に似た属性
<object data="promotion.mpeg" type="application/mpeg">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").data
type MIMEタイプ date属性で
指定したデータ
のMIMEタイプ
を指定(※2
<object data="promotion.mpeg" type="application/mpeg">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").type
codetype MIMEタイプ type属性と
ほぼ同じだが、
codetype属性
ではプログラム
のコードタイプ
が指定される
※2
<object classid="superapp.class" "codetype="application/java">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").codetype
archive URL 1つ、または複数
のデータ(※3
にまとめた
アーカイブ
ファイルを読み
込む際に使う
<object archive="sample.jar">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").archive
standby 文字列 Webブラウザが
オブジェクトを
読み込んでいる
間のメッセージ
を表示
<object classid="83A38BF0-B33A-A4FF-C619A82E891D"
  height="300" width="300" standby="Now Loading...">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").standby
height 整数(pixels)
、または、
パーセンテージ
値(%)
オブジェクト
を表示するとき
の高さを指定
<object data="sample.png" height="100" width="200">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").height
width 整数(pixels)
、または、
パーセンテージ
値(%)
オブジェクト
を表示するとき
の横幅を指定
<object data="sample.png" height="100" width="200">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").width
usemap イメージ
マップ名
map要素で
作成する
クライアント側
イメージマップ
との関連付け
を行う際に指定
<object data="sample.jpg" type="image/jpeg"
  alt="Sample1 Photo" usemap="#sample1">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").usemap
name 文字列 オブジェクト
に任意の名前
を付ける
<object name="obj1"
  classid="clsid:83A38BF0-B33A-A4FF-C619A82E891D">>
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").name
tabindex 整数値 [Tab]キー
を押すことで
アクティブにする
オブジェクトの
順番を指定
<object tabindex="2" data="sample.jpg" width="100" height="150">
</object>
[window.]document.getElementById("【ID属性値名】").tabindex
  • ※1:例として
    • Javaアプレット
      classファイル(.class)を「classid="java:△△△.class"」といった形式で
    • ActiveXコントロール
      クラスIDを「classid="clsid:○○○"」といった形式で
      ●よく使われるActiveXコントロールのクラスID
      • Windows Media Player(バージョン7以上)
        clsid:6BF52A52-394A-11d3-B153-00C04F79FAA6
      • Flash
        clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000
      • RealPlayer
        clsid:CFCDAA03-8BE4-11cf-B84B-0020AFBBCCFA
      • QuickTime
        classid="clsid:02BF25D5-8C17-4B23-BC80-D3488ABDDC6
  • ※2:MIMEタイプ一覧は「IANA | MIME Media Types」をご参照ください
  • ※3例として
    • Javaの場合:JARファイル
    • ActiveXコントロールの場合:CABファイル

追加が可能なイベントハンドラ属性

onclick、ondblclick、onmousedown、onmouseup、onmouseover、onmousemove、onmouseout、onkeypress、onkeydown、onkeyup

有限会社タグパンダ
喜安 亮介

3/6

 INDEX
Web標準HTMLタグリファレンス(6)
画像や動画をサイトに表示させる正しいXHTMLタグ
画像・動画
  img 画像を読み込むためのimg要素
object 外部アセットを読み込むためのobject要素
  param パラメータを指定するparam要素
  map クライアント側イメージマップを作成するmap要素
  area イメージマップを定義した場所とリンク先を指定するarea要素



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH