パラメータを指定するparam要素
<param />

 param要素は「named property value」の略で、それを内包するobject要素やapplet要素に対してパラメータを指定します。どんな順序でいくつ出現してもよいですが、内容の先頭になくてはいけません。

 インライン要素として機能しますが、終了タグはありません。

<html>
<head>
<title>param要素のサンプル</title>
</head>
<body>

<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000"
codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=10,0,0,0"
width="300" height="300" id="test" align="middle">
<param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />
<param name="allowFullScreen" value="false" />
<param name="movie" value="test.swf" />
<param name="quality" value="high" />
<param name="bgcolor" value="#ffffff" />
</object>

</body>
</html>

DOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値名】")

オプション属性

属性 機能 入力例 DOM参照
id 任意のID名 要素を識別する
ために固有の
ID名を付ける
<param name="bgcolor" value="#ffffff" id="bgWhite" /> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").id
name 実行時の
パラメータ名
親オブジェクトに
よって理解される
と考えられる、
実行時の
パラメータ名を指定
<param name="bgcolor" value="#ffffff" /> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").name
value 実行時の
パラメータ
の値
name属性が
指定する実行時
のパラメータの、
値を指定
<param name="bgcolor" value="#ffffff" /> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").value
valuetype "deta" "ref"
"object"
(実行時の
パラメータ
の値の種類)
value属性で
示された設定値
の種類を指定
<param name="bgcolor" value="#ffffff" valuetype="data" /> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").valuetype
type MIMEタイプ valuetype属性が
"ref"の場合のみ、
value属性が指し
示すリソースの
MIMEタイプを指定
<param name="bgcolor" value="#ffffff" type="text/css" /> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").type

追加が可能なイベントハンドラ属性

onclick、ondblclick、onmousedown、onmouseup、onmouseover、onmousemove、onmouseout、onkeypress、onkeydown、onkeyup

有限会社タグパンダ
喜安 亮介

4/6

 INDEX
Web標準HTMLタグリファレンス(6)
画像や動画をサイトに表示させる正しいXHTMLタグ
画像・動画
  img 画像を読み込むためのimg要素
  object 外部アセットを読み込むためのobject要素
param パラメータを指定するparam要素
  map クライアント側イメージマップを作成するmap要素
  area イメージマップを定義した場所とリンク先を指定するarea要素



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間