表のヘッダ部分を定義するthead要素
<thead>……</thead>

 theadは「table head」の略で、表のヘッダ部分を定義する際に使います。表が長い場合、tbody要素にのみスクロールバーを表示させたり、印刷の際など、ヘッダを繰り返し表示させたいときに役立ちます。table要素中には、1つのthead要素しか存在できません。tr要素を1つ以上内包する必要があります。

野菜値段産地
野菜値段産地
キャベツ100円長野
長ネギ50円埼玉
<html>
<head>
  <title>thead要素のサンプル</title>
</head>
<body>
  <table>

    <thead>
      <tr>
        <th>野菜</th><th>値段</th><th>産地</th>
      </tr>
    </thead>

    <tfoot>
      <tr>
        <th>野菜</th><th>値段</th><th>産地</th>
      </tr>
    </tfoot>

    <tbody>
      <tr>
        <td>キャベツ</td><td>100円</td><td>長野</td>
      </tr>
      <tr>
        <td>長ネギ</td><td>50円</td><td>埼玉</td>
      </tr>
    </tbody>

  </table>
</body>
</html>

DOMでの参照方法

[window.]document.getElementById("【ID属性値名】")

オプション属性

属性 機能 入力例 DOM参照
align
(非推奨属性)
"left""center"
"right"
"justify" "char"
水平方向の
整列方法を
指定
<thead align="center">……</thead> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").align
char テキスト align属性の
値で"char"を
指定した際に、
そろえる軸
となる文字
を指定
<thead align="char" char=".">……</thead>
charoff ピクセル値、
または%値
char属性
で指定した、
そろえる軸
となる文字
までの距離
を指定
<thead align="char" char="." charoff="2">……</thead>
valign "top" "middle"
"bottom"
"baseline"
垂直方向の
位置を指定
<thead valign="middle">……</thead> [window.]document.getElementById("【ID属性値名】").vAlign

追加が可能なイベントハンドラ属性

onclick、ondblclick、onmousedown、onmouseup、onmouseover、onmousemove、onmouseout、onkeypress、onkeydown、onkeyup

有限会社タグパンダ
喜安 亮介

4/11

 INDEX
Web標準HTMLタグリファレンス(4)
アクセシビリティも考慮して表組みするための10のタグ
テーブル
  table 表(テーブル)を定義するtable要素
  caption 表題を定義するcaption要素
thead 表のヘッダ部分を定義するthead要素
  tfoot 表のフッタ部分を定義するtfoot要素
  tbody 表のメイン部分を表すtbody要素
  tr 表の行を定義するtr要素
  td 表内の最小単位の枠(セル)を表すtd要素
  th td要素に見出しの意味合いを付加するth要素
  colgroup 表の列を構造的にグループ分けするcolgroup要素
  col 列のスタイルをまとめて調節するcol要素



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

デザインハック 記事ランキング

本日 月間