Silverlight 2で.NET技術をカッコよく使おう
連載インデックスへ

Silverlight 2で.NET技術をカッコよく使おう(3)

デザインツールで始めるSilverlightアニメ/グラフィック


インフラジスティックス・ジャパン株式会社
テクニカルエバンジェリスト/デベロッパーサポートエンジニア
山田 達也
2009/2/27


初めてのExpression Blend 2

 それではExpression Blend 2を起動してみましょう。下の画面が表示されたら[新しいプロジェクト]を選択してください。

図1 Expression Blend 2起動時
図1 Expression Blend 2起動時

 次に、作成するプロジェクトの種類を選択します。Expression Blend 2はSilverlight以外にもWPFのデザインも行えるツールですが、今回は[Silverlight2アプリケーション]を選択して、好きな名前を付けて[OK]を押してください。

図2 [新しいプロジェクト]ダイアログ
図2 [新しいプロジェクト]ダイアログ

 自動的にSilverlightプロジェクトが作成され、空のページ(Page.xaml)が表示されました。それでは、このページに図形コントロールを配置してみましょう。

図3 新規プロジェクト作成完了(空のPage.xamlが開かれている)
図3 新規プロジェクト作成完了(空のPage.xamlが開かれている)
- PR -

 Visual StudioやVisual Web Developerでの作業とは異なり、Expression Blend 2では直接[デザイン]ビュー上にコントロールの配置ができます。まずは、試しに楕円(Ellipse)をXAMLに追加してみましょう。画面の左端にある[ツールボックス]上の四角形のアイコンで右クリックを押すと、図形の種類がさらに展開されます。

図4 [ツールボックス]上で右クリックを押してアイテムを展開し、楕円を選択
図4 [ツールボックス]上で右クリックを押してアイテムを展開し、楕円を選択

 そこから楕円アイコンを選択した状態で、[デザイン]ビュー上で範囲指定をして図形を配置してください。

図5 [デザイン]ビューに楕円を配置
図5 [デザイン]ビューに楕円を配置

 次に、右上のタブから[プロパティ]を選択し、この楕円のデザインを調整してみましょう。ここでは、コントロールのさまざまなプロパティ設定が可能ですが、練習としてブラシの設定を行います。ブラシのFillプロパティが選択されているのを確認して、その下のカラーエディタ([エディタ])から好きな色を選択してみてください。

図6 [ブラシ]の[エディタ]
図6 [ブラシ]の[エディタ]

図7 ブラシを適用した図形と、そのXAMLコード
図7 ブラシを適用した図形と、そのXAMLコード

 Fillプロパティに青色の単色ブラシ(SolidColorBrush)を指定したので、図形が青色に塗りつぶされました。このように、Expression Blend 2を使うとSilverlightのデザイン作業を効率的に楽しく進められるので、そのほかの図形やプロパティもいろいろ試してみてください。

 次のページでは、Silverlight 2のアニメーションや、作ったグラフィックやアニメーションにマウス操作を加えてちょっとしたゲームを制作します。

1-2-3

 INDEX
Silverlight 2で.NET技術をカッコよく使おう(3)
デザインツールで始めるSilverlightアニメ/グラフィック  
  Page1
表現力豊かなSilverlightのグラフィック
Silverlightのデザインツールをインストール
Page2
初めてのExpression Blend 2
  Page3
Silverlightアニメーターになろう
アニメにマウス操作を加えて、ちょっとしたゲームアプリを
Silverlightはもっとイロイロできるよ



リッチクライアント&帳票 全記事一覧へ




HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH