yui-frameworksで作るmixiボイスAIRアプリ
連載インデックスへ
yui-frameworksで作るmixiボイスAIRアプリ(1)

yuiとmixi Graph APIを使うための基礎知識


株式会社プラグラム 田中豪
011/3/28


mixiの機能を外部で使える「mixi Graph API」とは

- PR -

 次に、今回作成するサンプルアプリケーションで使用するmixi Graph APIについて簡単に紹介します。

 mixi Graph APIはミクシィが提供するmixi Platformの一部の機能です。mixi Platformとは日本最大のSNSサイト「mixi」が持つ機能、サービス、データをオープンにしたもので、それを開発者が利用することでさまざまなアプリケーションを開発できるようになります。

 mixi Platformの全体像については、以下から参照できます。

 さらにmixi Platformには、「mixi Connect」というmixiと外部サービスと連携することを目的としたサービスがあり、その1つとしてmixi Graph APIが提供されていて、People APIやActivity APIなどさまざまな情報を取得するAPIがあります。本連載では、そのなかでも、Voice API使ってTwitterような、つぶやき情報を操作します。

mixi Graph APIの認証認可手順

 実際にmixi Graph APIを使うための手順を説明します。mixi Graph APIに限らず各種APIを利用するには、OAuth 2.0により規定された認可を行わなければいけません。

 認証認可の手順は「mixi Developer Center」に詳しい説明があるので、ここでは、その前段階のサービスを登録する手順について説明します。

mixi Platformの利用登録

 まずは、mixi Platformの利用登録です。今回は個人でデベロッパ登録を行いますので、「デベロッパー登録(個人の方)」を参考にデベロッパ登録を行ってください。

 個人および法人での登録の違いは「mixi Platform 利用登録の概要」を参考にしてください。

クレジットカードを登録

 個人でデベロッパ登録をする場合、クレジットカードの登録を行わないとmixi Graph APIの利用はできません。デベロッパ登録完了後は以下のようにクレジットカードを登録します。

 ただ、現時点ではクレジットカードの登録をしても課金は行われませんので、ご安心ください。「mixi有料サービス」を使うと課金されます。

  1. mixiにログイン
  2. [設定変更]→[登録情報(全般)]→[その他の登録情報]→[Developer登録/変更]
  3. パスワードの入力が求められるので入力します
  4. 登録クレジットカードの項目からクレジットカードを登録

サンプル用のサービスを登録

 これから作成するmixiボイスクライアントのアプリケーションのサービスを登録しましょう。サービスの管理はすべて「Developer Dashboard」で行います。

 次に[mixi Graph API]→[新規サービスの追加]を選択します。

 「サービス名」に、ここでは「mixiボイスクライアント」と入力します。

 「リダイレクトURL」に、ここでは「http://www.plugram.co.jp/apps/mixi_voice_client/」と入力します。

 「お問い合わせ用メールアドレス」には自分が使用しているメールアドレスを入力してください。

 サービス登録が完了すると、お問い合わせ用メールアドレスに確認メールが届きますので、そのメールの内容に記載されている確認用URLにアクセスしてメールアドレスを確認してください。

 メールアドレスの確認までが完了すると実際にmixi Graph APIを使用するのに必要なConsumer KeyとConsumer Secretが発行されます。

次回は、yuiを使った開発の手順を本格解説

 これまでの作業でFlexアプリケーションの設定とmixi Graph APIを使用するためのサービスの登録まで行いました。今回のサンプルコードは、こちらからダウンロードできます。

 次回は、yui-frameworksを使った開発手順をサンプルのソースコードを基に解説したいと思います。

@IT関連記事


Flexフレームワークで変わるRIA開発の現場
Adobe CS5の新しい中核を担うFlex 4のフレームワーク。ワークフローを初めRIA開発現場がどう変わるかを、Flash Builder 4やFlash Catalyst、Adobe AIR 2などの技術・ツール・フレームワークなどの機能を紹介しながら解説する連載
Adobe AIRでiTunes×Twitterクライアントを作った
これ、俺ならこう使う(2) iTunesで再生されている楽曲のタイトルを、Twitterアカウントに「いま聴いている曲」として投稿するAIRアプリケーション「音ログAIR」を作ってみました
Smart & Social」フォーラム 2008/8/11
業務用RIAの本命!? Flex+Java開発入門
本連載では、サーバサイドとしてJava、リッチなクライアントサイドとしてJavaと相性の良いFlexを用いたRIA開発の基礎を解説します。EclipseベースのIDEであるFlex Builderを使って、Tomcatで動くRIAをいくつか作成しましょう
一攫千金! デザイナのためのmixiアプリ制作のコツ
一撃デザインの種明かし(8) ケータイ版の提供もスタートして、ますます注目を集める「mixiアプリ」。mixiの特徴を生かした制作事例とデザイナが制作する際のポイントを紹介

1-2-3  

 INDEX
yuiとmixi Graph APIを使うための基礎知識
yui-frameworksで作るmixiボイスAIRアプリ(1)
  Page1
mixiボイスのクライアントをAdobe AIRで作ってみよう
なぜ、Adobe AIR/Flexを使うのか?
デザインとロジックを疎結合にする「yui-frameworks」
yuiでAIRアプリを作る環境をセットアップ
  Page2
yuiでもできます「HelloWorld!」
  Page3
mixiの機能を外部で使える「mixi Graph API」とは
mixi Graph APIの認証認可手順
次回は、yuiを使った開発の手順を本格解説


リッチクライアント&帳票 全記事一覧へ



HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH