Ajax推進委員会
監修:ゼロベース
2005/8/2

 まとめ:Ajaxとリッチクライアントの今後
- PR -

 Ajaxに関する概要を駆け足で解説したが、お分かりいただけただろうか。Ajaxのメリットとデメリットを簡単に紹介しておこう。

Ajaxのデメリット

  • XMLHttpRequestには「標準」がないため、文字コードやMIMEタイプの扱いについて、ブラウザによって微妙な違いがある
  • JavaScriptの動作についても、ブラウザによって微妙な違いがある
  • ブラウザのローカルキャッシュがAjaxの動作に影響を与える場合がある
  • Ajaxエンジンからアクセスできるのは、元ページと同じドメイン内のURLに限られる
  • プログラムの中身がユーザーに丸見えになる

Ajaxのメリット

  • 柔軟な動作のRIAを実現できる
  • ユーザー側にはプラグインが必要ない
  • 商用の開発環境がなくても開発できる

 また、既存のサーバ側プログラムではテンプレートエンジンやアプリケーションフレームワークを使って開発することが一般的だが、JavaScript用のテンプレートエンジンやフレームワークは、さほど普及しているとはいい難い。ただし、AjaxによってJavaScriptが注目を集めるようになってから、急速に開発が進められており、すでにテンプレートエンジンなどは実用に耐え得るものが出てきているようだ。また、各種ブラウザのJavaScript動作の違いを吸収するフレームワークなども開発されている。今後は、各種ライブラリやフレームワークなどを含めたAjax開発環境はどんどん改善されていくだろう。

  Flash(Flex)やCurl、Javaなどの既存のリッチクライアント技術とAjaxの違いや、さらに突っ込んだAjax開発のポイントについては、次回以降の記事で解説していきたい。

Ajax全般の最新情報は「リッチクライアント & 帳票フォーラム総合目次のカテゴリ「実践Ajax」や「Ajax技術解説」をあわせてご参照ください。
4/4  

 INDEX
古くて新しいAjaxの真実を見極める
  Page1<画面遷移を使わない非同期データ処理>
AjaxではないWebアプリケーションの動き/Ajaxアプリケーションの動き
  Page2<古い技術に付けられた新しい名前>
  Page3<実践Ajaxアプリケーション>
Page4<まとめ:Ajaxとリッチクライアントの今後>
Ajaxのデメリット/Ajaxのメリット


HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH