技術解説
Windows Server 2003に実装されたIPv6機能

2. IPv6対応ルータの役割

吉田 かおる
2003/06/10

1-4 IPv6対応ルータの構成

 複数のIPv6ネットワークが接続されたネットワーク間でIPv6ホストが通信を実現するためには、IPv6対応ルータが必要です。IPv6対応ルータは、IPv6パケットをルーティングテーブルに従って転送します。さらに、IPv6対応ルータでは、ネットワークの各ホストに対して、「プレフィックス」を通知します。プレフィックスはネットワークごとに割り当てられるIDであり、各IPv6ホストは、プレフィックスを使用し、ルーティング可能なサイトローカルアドレスを生成します。

 Windows Server 2003は、IPv6対応ルータとして構成可能です。ここでは、例として図1-8のようなIPv6ネットワークにおけるIPv6対応ルータ(Router 1)の設定を紹介します。

図1-8 IPv6ネットワーク構成

 Router 1で行うべき操作は、それほど多くありません。1つは、各インターフェイスに対して、ルーティングとルータ通知を有効化することです(既定で、これらは無効化されています)。もう1つは、各ネットワークに対して、プレフィックスを割り当てることです。

 各インターフェイスに対して、ルーティングとルータ通知を有効化するには、Netshのipv6コンテキストで「set interface 4 forwarding=enable advertise=enable」を実行します。このとき、4はインターフェイスIDです。同様に「set interface 5 forwarding=enable advertise=enable」も実行し、もう1つのインターフェイス(インターフェイスIDは5として)でもルーティングとルータ通知を有効化します(図1-9)。

図1-9 set interface

 次に、各ネットワークに対して、プレフィックスを割り当てます。これは、Netshのipv6コンテキストで「add route fec0:0:0:1::/64 4 publish=yes」、および「add route fec0:0:0:2::/64 5 publish=yes」を実行します(図1-10)。

図1-10 add route

 ここまでの操作により、IPv6対応ルータとして設定は終了となります。このとき、プレフィックスを含んだルータ通知により、各IPv6ホストには、新しいサイトローカルアドレス(アドレスタイプがPublicのもの)が割り当てられているはずです(図1-11)。

図1-11 show address

 また、IPv6各ホストのルーティングテーブルにはIPv6対応ルータへの経路が追加されます。これは、「show routes」で確認することができます(図1-12)。

図1-12 show routes
 

 INDEX
  [技術解説] Windows Server 2003に実装されたIPv6機能
    1.Windows Server 2003に実装されたIPv6機能
  2.IPv6対応ルータの役割
    3.IPv6のIPv4ネットワークとの相互運用性
 
目次ページへ  「Windows Server Insider @ITハイブックス連携企画」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH