Insider's Eye

Windows XPの新ユーザー・インターフェイスに異状あり

―― 熟練ユーザーには不評の新UI。しかしその実装には興味深い秘密が隠されていた ――

山崎俊一+デジタルアドバンテージ
2001/04/19

 ここで改めて述べるまでもなく、多くのユーザーにとって、次期Windowsとして開発が進められているWindows XPの最大の関心事の1つは、その新しいユーザー・インターフェイスだろう。別稿でもご紹介しているとおり、ビジネス・ユーザーだけでなく、コンシューマ・ユーザーをもターゲットとするWindows XPでは、Windows 2000などの既存のWindowsユーザー・インターフェイス(「Classic Windowsスタイル」)に加え、初心者への使いやすさを追求したという新しいユーザー・インターフェイス(「Whistlerスタイル」)が追加搭載される。後者は、開発コード名「Luna(ルナ)」と呼ばれていたものだ。マイクロソフトから正式に公開された画面は数えるほどしかないが、関連記事「Insider's Eye:マイクロソフト、Windows XP日本語版ベータ2を報道関係者に披露」をご覧いただければ、これらを確認できる。

マイクロソフトから公開された開発中のWindows XP日本語版ベータ2の画面
これは2001年3月13日にマイクロソフトから公開されたWindows XPの画面。Windows XPでは、初心者でも安心して使えることを目的として、デスクトップや[スタート]メニューの内容を大幅にシンプルにした。

 さてここで問題。今度は次の画面をご覧いただきたい。

どう見てもWindows XPの画面
NDA(非開示合意)を破ってWindows XPベータ2の画面を独自にキャプチャしたもの、ではない。[スタート]メニューやタスク・バーの雰囲気はWindows XPそのものだが、この画面は現行のWindows 2000に「ちょっとした細工」を施してキャプチャしたもの。ただし中央に表示されているのは、比較用としてIEで表示した米MicrosoftのWindows XPの解説ページである。

 NDA(Non-Disclosure Agreement:非開示合意)を破ってWindows XPの画面イメージを掲載か!? と思われたかもしれないが、そうではない。驚くなかれ。これはWindows 2000のデスクトップなのだ。ただし、「ちょっとした細工」を施している。ムムム、何事か? おおまかに言えば、シェルとかスキン(Skin)の話題だが、今回は、米国の一部のWindowsユーザーの間で盛り上がりをみせているユーザー・インターフェイス探求について考えてみた。

関連記事
  Insider's Eye:マイクロソフト、Windows XP日本語版ベータ2を報道関係者に披露
     
  関連リンク
  id Software社のホームページ (id Software社)
  LiteStepのホームページ、日本語ページはこちら(LiteStep)
  DesktopXのホワイト・ペーパー(Stardock社)
  「GUIs Just Want to Have Fun」の記事(WIRED社)
  WindowBlindsのダウンロードのページ(CNET)
  WindowBlinds対応スキンを一覧したページ(Stardock社)
  WinCustomizeのホームページ(WinCustomize)
  DesktopXのホームページ(Stardock社)
  2001年4月16日付けの「WindowBlinds XPベータ版配布」に関するニュース・リリース)(msdn business connection)
     
 

 INDEX
[Insider's Eye]Windows XPの新ユーザー・インターフェイスに異状あり
    1.いわゆるスキンについて
    2.DesktopXの構成概念
    3.恐い物見たさでインストール
 
「Insider's Eye」
 


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH