Insider's Eye

Windows XP ベータ2日本語版クイックツアー

2.ご安心あれ、クラシックスタイルUIも健在

デジタルアドバンテージ
2001/04/28

 Windows 2000を使い馴れている本サイトの読者には、「初心者を意識した新しいユーザー・インターフェイスも結構だが、自分には無用だ」と考えている人も少なくないだろう。ご安心あれ、設定を変更すれば、ほとんどWindows 2000と変わらない状態でWindows XPを使うことができるようになる。これには、コントロールパネルの[システム]アプレットに追加された[パフォーマンス オプション]−[視覚効果]タブで設定を行う。

[パフォーマンス オプション]ダイアログの[視覚効果]タブ
Windows XPのユーザー・インターフェイスを手に馴染んだWindows 2000スタイルにするには、コントロールパネルの[システム]アプレットに追加された[パフォーマンス オプション]−[視覚効果]タブで設定を行う。ここでは、Windows XPで追加された数々のユーザー・インターフェイス機能のオン/オフが行える。
  に一覧されたユーザー・インターフェイス機能をすべてオンにする。
  に一覧されたユーザー・インターフェイス機能をすべてオフにする。
  デフォルトの状態に戻す。
  ユーザー・インターフェイス機能一覧。デフォルトでは、いくつかの項目がオフになっている以外は、ほとんどがオンになっている。

 このダイアログのの部分に、ユーザー・インターフェイス機能が個別に一覧表示される。デフォルトでは、いくつかの項目を除き、ほとんどの項目がオンになっている。ここでの[デザイン優先]ボタンをクリックすると、のすべての項目がオンになる。逆にの[パフォーマンス優先]をクリックすると、のすべての項目がオフになる(デフォルトの状態に戻したければ、の[規定値に戻す]ボタンをクリックする)。

 手に馴染んだWindows 2000スタイルがお望みなら、迷わず[パフォーマンス優先]ボタンをクリックしよう。開発途中のベータ版では性能評価が禁止されているのでテストしたわけではないが、名前から考えて、性能も向上するものと思われる。

[パフォーマンス優先]ボタンをクリックして、ほぼWindows 2000のデスクトップを獲得したところ
この画面を見て、ほっとした読者も多いだろう。使い慣れたWindows 2000デスクトップはWindows XPでもそのまま利用可能だ。しかもボタンの名前から考えて、このほうが性能もあがるものと期待される。選ばない手はあるだろうか?

 この画面では、ほとんどWindows 2000のデスクトップが再現されているが、[スタート]メニューはまだ新スタイルのままだ。これを変更するには、[スタート]ボタン(もしくはタスク・バー)をマウスで右クリックして、ショートカットメニューの[プロパティ]を実行し、[タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ]ダイアログを表示する。ここで「クラシック」スタイルを選択すれば、[スタート]メニューもWindows 2000のそれと共通になる。

[タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ]ダイアログ
[スタート]メニューのスタイルを変更するには、[スタート]ボタンをマウスで右クリックして、ショートカットメニューの[プロパティ]を実行し、[タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ]ダイアログを表示する。ここで「クラシック」スタイルを選択する。
  新しい[スタート]メニュー・スタイルを使う。デフォルトはこちら。
  従来の[スタート]メニュー・スタイルを使う。

 これら2種類の[スタート]メニューを比較すると次のようになる。

新しい[スタート]メニュー
Windows XPの新しい[スタート]メニューでは、メニューの上端に現在のユーザー名が表示され、左側の列には、上から常設のプログラム・アイコン(デフォルトではInternet Explorerと電子メール。ここにドラッグ&ドロップして常設アイコンを増やすことも可能)、最近使ったプログラム、その他のプログラム一覧を表示するためのメニュー([プログラムの一覧])が表示される。一方の右側の列には、[マイ ドキュメント]や[マイ ネットワーク]、コントロール・パネル、[検索]などのシステム・フォルダ、システム機能が一覧される。
 
伝統的な[スタート]メニュー
こちらはWindows 2000でもお馴染みの[スタート]メニュー。

 Windows XPでは、初心者を戸惑わせないという配慮から、デスクトップに表示するアイコンも最低限に絞られ、デフォルトでは[マイ ドキュメント]や[マイ コンピュータ]などのアイコンも表示されなくなった。しかしご希望とあらば、これらのアイコンを表示することが可能である。これには、デスクトップのプロパティから、[デスクトップのカスタマイズ]を実行する。すると次のようなダイアログが表示される。

[デスクトップ項目]ダイアログ
デフォルトでは非表示になってしまった[マイ ドキュメント]や[マイ コンピュータ]などのアイコンも表示させることが可能。これにはデスクトップのプロパティから、[デスクトップのカスタマイズ]を実行し、表示されるこのダイアログの[デスクトップ アイコン]グループに一覧されたアイコン名のチェックボックスをオンにする。
  デスクトップに表示したいアイコンのチェックボックスをオンにする。デフォルトでは[ごみ箱]だけがオンになっている。

 ここですべてのアイコンのチェックボックスをオンにすると、次のように懐かしい顔ぶれがデスクトップに現れる。

デスクトップに表示された懐かしいアイコン群
デスクトップに表示された[マイ ドキュメント]、[マイ コンピュータ]、[マイ ネットワーク]アイコン。

 以上の手続きを踏めば、ほぼWindows 2000と同じ操作環境を手に入れることができるだろう。

関連記事
  Insider's Eye:マイクロソフト、Windows XP日本語版ベータ2を報道関係者に披露(Windows Server Insider)
     
  関連リンク
  「Windows XP Ready PC」と呼ばれる販促プログラムを発表(マイクロソフト)
     

 INDEX
  [Insider's Eye]Windows XP ベータ2日本語版クイックツアー
     1.ユーザーの簡易切り替え機能を使う
   2.ご安心あれ、クラシックスタイルUIも健在
     3.統合表示が可能になったタスク・バー・ボタン
     4.初心者を意識したユーザー管理
     5.強化されたネットワーク機能 (1)
     6.強化されたネットワーク機能 (2)
     7.強化されたネットワーク機能 (3)

「Insider's Eye」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH