Insider's Eye

コラム
Windows Update Servicesのアーキテクチャ

Peter Pawlak
2005/03/29
Copyright (C) 2005, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc.

 Windows Update Services(WUS)をベースにして構築されたソフトウェア更新の管理システムは、これまで同様の役割を担ってきたSoftware Update Services(SUS)と同じアーキテクチャを持つ。WUSには、3つの主要なコンポーネントがある。

  • ソフトウェア更新関連の適用データを供給するMicrosoftのWebサービス

  • 組織のファイアウォール内にあって、Webサービスや親サーバからデータをダウンロードする1台または複数のサーバ

  • ポリシーに沿って構成され、特定のWUSサーバをチェックし、承認済みの適用可能なソフトウェア更新を探して、それらをインストールするWindows Update(WU)エージェントが稼働するクライアント

Windows Update Servicesのアーキテクチャ

 上の図は、子WUSサーバがソフトウェア更新およびその承認を親WUSサーバから自動的にダウンロードするという2層のシステムを示している。各層のWUクライアントは、グループ・ポリシー、ローカル・ポリシー、あるいはレジストリ設定を使って構成されており、特定のWUSサーバをチェックして適用可能なソフトウェア更新プログラムを探し、適用できるものが見つかると、WUSサーバからダウンロードしてインストールする。点線は、WUクライアントが承認済みのソフトウェア更新プログラムをMicrosoftから直接ダウンロードするというオプションを示している。このオプションは、クライアントとインターネットとの間で利用可能な帯域幅が、クライアントとWUSサーバとの間で利用可能な帯域幅よりも大きい場合に有効だ。


 INDEX
  Insider's Eye
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(1)
       コラム パッチ管理に関する用語の変更
     コラム Windows Update Servicesのアーキテクチャ
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(2)
    次世代パッチ管理ソフト最新版、WSUSの新機能(3)
 
 「Insider's Eye」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH