[検証]
WindowsでインターネットWebサーバ

第3回 Server CoreにPHPをインストールする

2.Web Server 2008にPHPをインストールする(2)

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2008/11/27

PHPのインストール

 次はPHPをインストールする。Windows OS向けのPHPのパッケージは以下のページから入手できる。原稿執筆時点では、Ver.5.2.6が利用可能である。

 何種類かパッケージが用意されているが、Windowsのインストーラ形式(.MSI形式)になっているものが扱いやすくてよいだろう。「PHP 5.2.6 Non-thread-safe installer」という名前のパッケージ(Non thread safeのバイナリ)をダウンロードしていただきたい。ファイル・サイズは約18.5Mbytesである。

 ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストール・ウィザードが起動する。ライセンスに同意して先へ進め、次の画面ではインストール先のフォルダを指定する。

インストール先の指定
どこか分かりやすい場所にインストールする。
インストール先のパス。今回はC:\APPS\PHPフォルダにインストールしてみる。

 次の画面では[IIS FastCGI]を選択する。

Webサーバのセットアップ
ここではIISを選択する。
これを選択する。

 次の画面ではインストールするコンポーネントを選択するが、ここでは[Multi-Byte String]を必ず追加で選択しておくこと。これがないと、日本語を扱うことができない。

インストールするコンポーネントの選択
日本語表示用に[Multi-Byte String]を追加で選択する。
[PHP]−[Extensions]を展開し、その下にあるこの[Multi-Byte String]をクリックする。そしてポップアップ・メニューから[Will be install on local hard drive]を選択して、インストールさせる。これ以外の項目はすべてデフォルトのままでよい。

 [Multi-Byte String]以外の項目はすべてデフォルトのままでよい。後は[Next]をいくつかクリックしてウィザードを進め、インストールを行う。

 インストールが終わると[スタート]メニューに[PHP 5]という項目が追加されているはずである。その中にある[php.ini]を選択すると、php.iniファイルがメモ帳で開かれるので、そのまま編集を行う(PHPのインストール先フォルダにあるphp.iniファイルをダブルクリックしてもよい)。

 php.iniファイルをメモ帳で開いたら、先頭にmbstring関連のオプションを追加する。

php.iniファイルの編集
php.iniファイルをメモ帳で開き、いくつかの追加、変更を行う。
これらの行を追加する。

 まず先頭にmbstring関連の行を追加する(このあたりの設定は、前回と同じである)。

※php.iniの先頭の[PHP]セクションの下に、次のような設定を追加する

mbstring.substitute_character=none
mbstring.language=Japanese
mbstring.internal_encoding=EUC-JP
mbstring.http_output=EUC-JP
mbstring.http_input=auto
mbstring.encoding_translation=On
mbstring.detect_order=auto
extension=php_mbstring.dll

 さらにphp.iniファイルの中を検索し、次のような3つの項目の行を有効にするか、設定を書き加える。デフォルトではこれらの行の先頭には「;」が置かれているが、これはコメントを表している。先頭の「;」を外してその項目を有効にするか、元の行は残したまま、その次の行に「;」なしで記述しておく(元の行を残しておくと、最初の状態がどうなっていたかが分かりやすくなる)。

※php.ini中から以下の行データを探し(3カ所)、先頭の「;」を外して有効にする。もしくは、新しく書き加えて有効にすること

fastcgi.impersonate = 1

cgi.fix_pathinfo = 1

cgi.force_redirect = 0

 以上でPHPの設定は終了である。次はIISからPHPを呼び出すための設定を行う。

IISの設定

 次はIISの設定を行う。まずIISの管理ツール(IISマネージャ)を起動し、左側のペインでサーバ名を選択する。するとIISのホームが表示されるので、アイコンの中から[ハンドラ マッピング]を選択する。

IISの設定
CGIを呼び出すための設定を行う。
サーバ名を選択して、「ホーム」を表示させる。
これをダブルクリックする。

 ハンドラ・マッピングの画面を右クリックし、ハンドラ・マッピングを新規追加する。

ハンドラ・マッピングの追加
*.phpファイルに対するマッピングを新しく追加する。デフォルトでは.phpファイルは何も処理されない。
マッピングの画面を右クリックし、ポップアップ・メニューから[モジュール マップの追加]を選択する。
これをクリックしてもよい。

 次の画面では、追加するマップの定義を入力する。

マッピングの追加
ここでは追加するパス名とそのマッピング(呼び出すモジュール)を定義する。
ここに「*.php」と入力する。〜.phpというファイルはこのマッピングで処理するといいう意味。
[FastCgiModule]を選択する。
呼び出すプログラムのフルパス。インストールしたPHPフォルダの中にあるphp-cgi.exeを指すようにフルパスを入力する。
モジュール・マップの名前。適当な名前を付けておけばよい。
これをクリックして定義を追加する。

 [OK]をクリックすると次のようなダイアログが表示されるので、[はい]をクリックする。

追加の確認
マッピングを追加するかどうかの確認。
[はい]を選択する。

 設定が完了すると、マッピングは次のようになっているはずである。

設定後のマッピング
マッピングの追加が完了すると、このようになっている。
追加したエントリ。

動作の確認

 さてそれでは、PHPの動作を確認してみよう。次のような簡単な.phpファイルを作成して、IISのルート・フォルダ(デフォルトではc:\inetpub\wwwroot)に保存する。

テスト用PHPファイル
インストールされているPHPの環境を表示するだけの簡単なサンプルPHPプログラム。

※これを.phpファイルに保存する

<?php phpinfo(); ?>

 このファイルをWebブラウザで開くとPHPのCGIプログラムが起動し、次のような結果が表示されるはずである。

サンプルPHPの実行結果
このような結果が表示されればPHPのインストールは成功している。
Webブラウザで「http://localhost/phpinfo.php」を開いてみる。
インストールされているPHPの情報がこのように一覧表示される。
CGI(FastCGI)経由で起動していることが分かる。

PukiWikiのインストール

 以上でIIS+PHPのインストールは完了である。あとはPukiWikiなど、PHPを使ったアプリケーションをインストールすればよい。だがこれについては、前回の「PukiWikiサーバの導入」とまったく同じなので詳細は省略する。PukiWikiのバイナリを入手して展開し、仮想ディレクトの設定、セキュリティの設定を行えば、すぐに動くだろう。


 INDEX
  [検証]WindowsでインターネットWebサーバ
  第3回 Server CoreにPHPをインストールする
    1.Web Server 2008にPHPをインストールする(1)
  2.Web Server 2008にPHPをインストールする(2)
    3.Server CoreにPHPをインストールする

 「検証」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH