[検証]
WindowsでインターネットWebサーバ

第5回 ASP.NETアプリケーション、DotNetNukeをインストールする

2.IISとデータベースの準備

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2009/02/05

DotNetNukeフォルダの準備

 次はDNNのファイルをIIS 7のアプリケーション・フォルダとして用意する。

 まずダウンロードした英語版のDNNのインストール・ファイル(DotNetNuke_04.08.04_Install.zip)の内容を展開し、(例えば)C:\DotNetNukeというフォルダを作成してこの中にすべて展開する。次に日本語化モジュールのインストール・ファイル(DNN_ResourcePack_Additions_ja4[1].8.4.zip)の内容を展開し、その中にあるwebsiteフォルダの内容を、インストール先のフォルダ(C:\DotNetNuke)へ上書きコピーする。

DotNetNuke日本語化モジュールを上書きインストールする
ダウンロードした日本語化モジュールの.zipファイルを展開すると、中にはフォルダが2つと(Libraryとwebsiteフォルダ)、リソースの.zipファイル(ResourcePack.Full.04.08.04.ja-JP.zip)、インストール・ドキュメント(DotNetNuke 4.8.4 日本語化モジュールについて.pdf)が含まれている。このうちwebsiteフォルダの中をすべて、英語版のDotNetNukeフォルダに上書きコピーする。
Libraryフォルダには、日本語化されたプログラムのソース・コードが含まれている。開発者でなければ(DNNをインストールするだけならば)、特に必要ない。
日本語化されたモジュールはこのwebsiteフォルダに含まれている。
これはwebsiteフォルダの内容。これらのファイル/フォルダを、展開した英語版のC:\DotNetNukeフォルダに上書きコピーすること。

IISアプリケーション・フォルダの作成とアクセス権の設定

 次はIIS 7でDNN用のアプリケーション・フォルダを作成する。

 まず[管理ツール]−[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ]を起動し、デフォルトのWebサイトを右クリックして、ポップアップ・メニューから[アプリケーションの追加]を選択する(Windows Server 2003のIIS 6なら、[仮想ディレクトリの追加]で仮想フォルダを作成する)。

DNN用のアプリケーション・フォルダの作成
デフォルトのWebサイト名を右クリックする。
これを選択する。

 表示された[アプリケーションの追加]ダイアログでエイリアス名とDNNのインストール先のパスを指定する。そして「アプリケーション プール」の選択ダイアログを開き、デフォルトの設定を変更する。

アプリケーション・フォルダの指定
DNNのエイリアス名。指定したエイリアス名を使って、「http://localhost/DotNetNuke」のようにアクセスできるようになる(赤字部分がエイリアス名)。
DNNのインストール先のパス。.zipファイルを展開した先のフォルダを指定する。
これをクリックして、アプリケーション・プールのタイプを変更する。

 デフォルトでは「DefaultAppPool」となっているが、DNN 4.8.4を利用する場合は、IIS 6との互換性を実現する「Classic .NET AppPool」を選択しなければならないようである(ASP.NETのクラシック・モードについてはiis.netサイトの「ASP.NET Integration With IIS 7.0[英語]」などを参照)。

クラシック統合モードの選択
DNN 4.8.4を利用する場合は、ASP.NETのモードをIIS 6と互換性のあるモードに変更する(これを変更しないと、エラーとなり、実行できない)。
デフォルトではこれが選択されている。
これを選択して、クラシック・モードに変更する。
これをクリックして、モードを変更する。

 次はDNNフォルダのアクセス権を変更し、(ASP.NETが実行される)NETWORK SERVICEアカウントに対して書き込みの権限を付加する。まずIISの管理ツールでDotNetNukeフォルダを右クリックし、ポップアップ・メニューから[アクセス許可の編集]を選択する。

ファイル/フォルダのアクセス権の追加
DNNのインストール・ファイル/フォルダのアクセス権を変更する。
作成したDotNetNukeフォルダを右クリックする。
これを選択する。
これをクリックしてもよい。

 表示された「DotNetNukeのプロパティ」画面で[セキュリティ]タブを選択し、[編集]ボタンをクリックする。

アクセス権の編集
表示されたプロパティ画面で[セキュリティ]設定を行う。
このタブを選択する。
これをクリックして、アクセス権を設定するアカウントを追加する。

 「DotNetNukeのアクセス許可」ダイアログで[追加]ボタンをクリックし、「NETWORK SERVICE」というアカウントを手動で追加する。そして「NETWORK SERVICE」を選択後、アクセス許可リストで「変更」に対して「許可」のチェック・ボックスをオンにする(「フル コントロール」以外がすべて許可された状態にする)。

アカウントの追加とアクセス権の設定
「NETWORK SERVICE」というアカウントを追加し、アクセス権を設定する。
このアカウントを追加する。
これをクリックすると、追加するアカウントを指定する「ユーザーまたはグループの選択」ダイアログが表示されるので、「NETWORK SERVICE」というアカウントを指定する([詳細設定]ボタンをクリックして検索し、その結果から「NETWORK SERVICE」アカウントを選択してもよい)。
デフォルトでは読み出しや実行は許可されているが、書き込みや変更は許可されていない。なので、このチェック・ボックスをオンにする。
これらがオンになっていることを確認する。[変更]のチェック・ボックスをオンにすると、[フルコントール]以外は自動的にすべてオンになるはずである。

 次はSQL Server上に「DotNetNuke」という空のデータベースを作成する。データベース内のオブジェクトはDNNのインストーラが作成してくれるが、DotNetNukeデータベースだけはあらかじめ作っておく必要がある。

 今回はSQL Server 2005 Express Editionを最小構成でインストールしているので、osql(もしくはsqlcmd)コマンドを使えばよい。「osql -S.\sqlexpress -E」でSQL Serverに接続し、「create database DotNetNuke」コマンドで空のデータベースを作成する。

DotNetNukeデータベースの作成
DNNのインストールに先立ち、空のDotNetNukeという名前のデータベースを作成しておく必要がある。GUIの管理ツールはインストールしていないので、コマンド・プロンプトを開き、「osql」(もしくは「sqlcmd」)コマンドを使って作成する。
「-S」オプションは接続先サーバの指定(「.\SQLEXPRESS」はローカル・コンピュータ上のSQL Server 2005への接続)、「-E」はWindowsアカウントでのログオンを意味する。
「create database DotNetNuke」はデータベースを作成するためのSQL文。
「go」は実行の指示。正しく作成できた場合は何もエラー・メッセージは表示されない。


 INDEX
  [検証]WindowsでインターネットWebサーバ
  第5回 ASP.NETアプリケーション、DotNetNukeをインストールする
    1.DNNのインストール前の準備
  2.IISとデータベースの準備
    3.DNNのインストール
    4.日本語リソースの追加とカスタマイズ

 「検証」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH