Windows TIPS
System Environment
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

インターネット常時接続時の基本セキュリティ設定

7.ステップ6:フィルタ機能の確認

デジタルアドバンテージ
2001/06/22

 以上でフィルタの設定は終わりである。Windows 2000マシンや、LAN上のクライアントから、正しくインターネット上のリソースが使えるかどうかを確認しておこう。メールやWebブラウザ、ftpクライアント、pingなどは何の問題もなく利用できるはずである。

 このようにインターネット上のリソースが正しく利用できるかどうかは簡単にチェックできるが、逆に、本当にパケットのフィルタ(ブロック)が機能しているかどうかは実際にインターネット側からアクセスしてテストしてみるしかない。別契約のプロバイダなどからインターネットにアクセスしてみて、そこからWindows 2000マシンに割り当てられているIPアドレスをアクセスして、チェックしておこう。TCPの135番や445番へ外部からtelnetでアクセスしてみて、正しく拒否されるかどうかを見るのである(「telnet <IPアドレス> 135」などとして、接続が失敗することを確認する)。End of Article

 

 INDEX
  [Windows TIPS]インターネット常時接続時の基本セキュリティ設定
    1.想定する環境、前提条件
    2.ステップ1:インターネット側のファイル共有サービスを禁止する
    3.ステップ2:NBTを禁止する
    4.ステップ3:RRASサービスを開始する
    5.ステップ4:RRASのオリジナル設定をバックアップする
    6.ステップ5:RRASのパケット・フィルタを設定する
  7.ステップ6:フィルタ機能の確認
 
「Windows TIPS」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH