Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Updateのファイルを個別にダウンロードする(2)

解説を読む

デジタルアドバンテージ
2002/05/25
2004/12/25更新

 [Windows Updateカタログ]というメニュー項目をクリックすると、次のような画面が表示される。

Windows Updateカタログ
Windows Updateの各モジュールを個別にダウンロードするための画面。ダウンロードするモジュールには、OSそのものに関するモジュールと、デバイス・ドライバ類の2種類がある。
  Windowsシステムにそのものに対する追加、修正、Service Packモジュールなどがダウンロードできる。
  更新されたデバイス・ドライバや、新しく用意されたデバイス・ドライバなどがダウンロードできる。
  いままでにダウンロードしたファイルの履歴を参照することができる。

 これはWindows Updateの各モジュールを個別にダウンロードするための画面である。ダウンロードするモジュールには大きく分けて2つの種類がある。1つは、Windowsオペレーティング・システムそのものに対する更新モジュール群であり、もう1つはデバイス・ドライバに対する更新や新しいデバイスに対するデバイス・ドライバなどである。いずれもWindows Updateで提供されるものと同じであり、それが個別にダウンロードできるようになっている。

 それでは例として、「Windows ムービー メーカー v1.2」というモジュールをダウンロードしてみよう。そのためには、先ほどのメニュー画面から[Microsoft Windowsオペレーティング システムの更新を探します]を選択する。すると次のような選択画面が表示される。

Windows Updateモジュールの検索
さまざまな条件を指定して、Updateモジュールを検索することができる。
  対象OSの選択。どのOSに対するモジュールをダウンロードするかを選択する。正式な製品版ではないWindows .NET Standard Serverなどの名前もある(もちろん現行のベータ版に対するパッチ・モジュールをダウンロードするためのもの)。
  各国語別のバージョンを選択する。
  検索するオプションを選択する。デフォルトではすべてのWindows Updateモジュールが検索対象となる。
  以上の条件でモジュールを検索する。
  ダウンロードする項目の一覧を見るための「ダウンロード バスケット」を選択する。
  いままでにダウンロードした項目の一覧を見るためにはこれをクリックする。

 Windows Updateで提供されるモジュールには、日本語版や現在販売されているWindows XP ProfessionalとHome Editionだけでなく、そのほかのさまざまなバージョンもまとめて提供されている。そのため、必要なモジュールを検索して絞り込む必要がある。また検索する条件としては、過去何日以内に提供されたものか、指定した文字列を含むモジュール名かどうか、「重要な更新とService Pack」、「推奨する更新」、「多言語機能」のいずれかに相当するものだけ、という指定が行える。以上の条件を指定して[検索]
をクリックすると、以下のように検索結果が表示される。

モジュールの検索結果
デフォルトの条件で日本語Windows XP Professionalに関するモジュールを検索したところ、全部で37件見つかった。
  見つかった件数。
  カテゴリ別のヒット数。「重要な更新とService Pack」が19件、「推奨する更新」が18件あった。いずれかのカテゴリをクリックすると下に一覧が表示される。

 見つかった検索結果からカテゴリの部分をクリックすると、そこに属する更新モジュールの一覧が表示される。ここでは[推奨する更新]をクリックして、ムービー・メーカーに関するモジュールを表示させてみる。

ダウンロードするモジュールの選択
カテゴリ名をクリックすると、そこに含まれるモジュールが一覧表示させる。その中から目的とするモジュールを選んで[追加]ボタンをクリックすると、それがダウンロード・バスケットに入れられ、ダウンロードの準備ができる。実際のダウンロード作業は、ダウンロード・バスケットに移動してから行う。
  まずはカテゴリを選択する。ここでは[推奨する更新](適用は必須ではないが、インストールしておいた方が望ましいパッチ類)を選択する。すると下にその一覧が表示される。
  スクロール・バーを移動させて必要なモジュールを見つけ、この[追加]ボタンをクリックすると、それがダウンロード・バスケットに追加される。
  現在ダウンロード・バスケットに入れられているモジュールの数。
  目的とするモジュールをすべてバスケットに追加したら、これをクリックしてダウンロード作業を始める。

 必要なモジュールをすべて選択し、それらをダウンロードバスケットに追加したら、次はダウンロード・バスケットへ移動して実際のウンロード作業を始める。[ダウンロード バスケットへ移動]をクリックすると、次のような画面が表示される。

ダウンロード・バスケット
選択したモジュールを実際にダウンロードするには、このダウンロード・バスケットを使う。
  ダウンロードしたモジュールを格納するフォルダ。
  格納先をツリー・ビュー形式で選択するにはこれを使う。
  これをクリックすると、以下のモジュールのダウンロードが始まる。
  選択を解除するにはこれをクリックする。

 [今すぐダウンロードする]をクリックすると、実際のダウンロード作業が始まる。このとき、モジュールによっては「使用許諾契約」が表示されるので、それに同意するとダウンロードして実行することができる。

 以下が実際にダウンロードされたモジュールである。各モジュールはこのように、言語別、対象OS別、そしてモジュール名別にそれぞれ異なるフォルダが作成されて、その中に格納される。その中にあるsetup.exeを起動すれば、実際のインストール作業が行われる。End of Article

ダウンロードされたモジュール
これはムービー・メーカーの更新モジュールの例。
  最終的にはこのようにモジュールごとに異なるフォルダに格納される。
  更新モジュールに関する説明ファイル。
  実際の更新用モジュールはこのように実行ファイルになっているので、これを各マシン上でダブルクリックして実行すれば、インストールされる。
   
 

 INDEX
  [Windows TIPS]
     Windows Updateのファイルを個別にダウンロードする(1)
   Windows Updateのファイルを個別にダウンロードする(2)
 
更新履歴
【2004/12/25】 Windows XPのWindows Update v5に関する情報を加筆しました。
 
「Windows TIPS」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH