OfficeXPのXML度を探る

開発環境もXML対応へ

 Office XP Developerは、Office XPをプラットフォームにしてアプリケーションを開発するための統合開発環境だ。それゆえに開発者ではない、一般のOfficeユーザーはまず目にすることのない製品だと思われるが、ここでもXML対応が行われている。

IntelliSenseがXML対応

 Office XP DeveloperのXML対応は、「XMLソースビュー」と呼ばれるXML文書の編集機能だ。画面上のXML文書に対して、キーワードが色付けされて表示されたり、開始タグを入力すると自動的に終了タグが入力される、といった機能が備わっている。いわゆるIntelliSense機能がXML文書に対しても拡張されたと考えればいいだろう。

 ヘルプなどを見るかぎり、入力途中でキーワードの候補がでてきたりするようなのだが、手元のベータ版で試した限りでは、そのような機能を見ることはできなかった(もちろん、製品版では実装されている可能性がある)。

 とはいえ、開発者が直接、Office XPの統合開発環境上でXML文書を参照し、編集できるというのは、XMLの利用にとっては大きな前進だろう。

Office XP:どれもすぐ使えるXML機能

 さて、以上でOffice XPで備わっているXML機能について一通り解説してきた。Office XPのXML機能をあえてひとことでいうならば、各製品のインポート/エクスポート機能をXMLにも拡張した、と表現できるだろう。

 記事中でも指摘したが、まだXML機能の詳細な技術情報がマイクロソフト自身から提供されていない点は気がかりだ(英語の資料もまだほとんどない)。この点は、すでに公開された記事を読んだマイクロソフトの担当者自身から、「現在努力中」である旨のご連絡をいただいた。今後に期待したい。

 とはいえ、この記事の中でも、実際の動作を通してその挙動や情報のフォーマットの基本的な部分は押さえることができた。基本的(かつあまり業務に重大でない範囲)なXML文書の入出力ならば、いますぐにでも利用することができるだろう。

 

 

Index
Office XPのXML度を探る
  Office XP各製品のXML機能概要
  XML機能の核、「MSXML3」
MSXML3が自動的にインストールされる
Internet Exlorerはバージョンアップしないが……
XML普及の弾みがつくか
  ExcelのXML機能は使えるか
Excel以外のアプリケーションでExcelのデータ分析ができる
XML文書にスタイルシートを適用する場合
XML文書を読み込む
コラム Excelで読み込めるXML文書を作ってみる
XML文書の出力
そのほかのXML機能
  XML Schemaに早くも対応したAccess
テーブルの内容をエクスポート
スキーマ情報をXML Schemaで記述
フォームやレポートもXML形式で出力
XML文書をインポートでテーブル化
AccessのXML機能のまとめ
開発環境もXML対応へ
IntelliSenseがXML対応
Office XP:どれもすぐ使えるXML機能
 

 



XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH