実践! XMLアプリケーションサーバ「BXS」 第2回
XSTLによるダイナミックな変換の実際

太田一郎
株式会社東洋情報システム
2000/10/27

 前回は、Baykit XML Server(BXS)をインストールした上で、簡単なWebサイトのフロントページを作成してみました。皆さんも、ご自身でいろいろとサンプルを作成されたでしょうか?

 今回は、XML文書の内容を単純にXHTMLに変換して表示するだけでなく、XSLTおよびBXSの機能を用いて以下のようなことに挑戦してみます。

  • データの内容に基づいて表示を加工する
  • Webブラウザごとに出力内容を切り替える

 これらを実現するために、BXSのXSLT機能、そしてWebブラウザ識別機能などの使い方を説明していきましょう。

「1. データの内容に基づいた表示の加工」

Index
実践! XMLアプリケーションサーバ「BXS」
第1回 XMLでWebサイトを作ろう
  1. Baykit XML Serverとは
  2. インストールしよう
  3. XMLのサンプルを表示させてみる
  4. XMLでWebページを作ろう
第2回 XSTLによるダイナミックな変換の実際
  1. データの内容に基づいた表示の加工
  2. さらにXSLTスタイルシートを改良
  3. Webブラウザ別のスタイルシートを用意
  4. Webブラウザごとに出力を切り替える


XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH