座談会 「XMLの明日」

XMLはいまやIT業界だけでなく、製造、流通などのさまざまな業種でのデータ表現法として取り入れられようとしている。また、XMLの仕様についても、XML Schema、XDR、Relaxなどさまざまなスキーマ言語が提唱されている。これらは正しい方向へ向かう動きなのか、そして技術的に正しい方向へ向かうにはどうすべきかのか。 日本を代表するXMLのエキスパート4人の議論を聞こう

新野淳一
アットマーク・アイティ
2000/8/16

江島健太郎氏
XML eXpert eXchangeフォーラムのガイド。「XML雑記帳」連載中。XMLによるBtoBのエバンジェリストでもある
川俣晶氏
XMLを学ぼう」連載中。 株式会社ピーデー代表取締役。日本XMLユーザーグループ代表
檜山正幸氏
XML深層探求」連載中。XMLコンサルタント、アーキテクト。JIS INSTAC、W3Cなどの仕様策定・標準化にも参加
平野洋一郎氏
日本初のXML専業ベンダーであるインフォテリア株式会社代表取締役

 

Index
座談会 「XMLの明日」
  1.XMLが分裂してしまう可能性はあるか
今は多くのインダストリーでXMLを取り入れる動きが活発だ。このままインダストリーごとにXMLの規格が分裂してしまう可能性はないのか。それを防ぐにはどうすべきか
  2.自分だけのタグを作るな!
XMLは独自にタグを定義できることが特長だが、それだけでは他社とのデータ交換ができなくなってしまう。独自のニーズを満たしつつデータ交換を実現する方法は?
  3.XMLアプリケーションのモデルが課題
XMLアプリケーションを開発する際に、定番の見本や方法論はまだほとんど存在していない



XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

HTML5+UX 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH