ICDロゴ

コンパイラ (compiler)

最終更新日: 2003/03/25

 高級言語で記述されたソース・プログラムを実行可能な形式(一般的にはコンピュータが直接解釈できるマシン語)に変換するプログラムのこと。(言語)処理系ともいう。

 コンパイラの機能を大きく分けると、字句解析(ソース・プログラムを表すファイルを読み取って、記号や名前などの要素に分解する)、構文解析(ソース・プログラム中の文や式の構造を解析する)、意味解析(それぞれの文や式の意味を調べる)、コード生成(ターゲットとなるマシンのコードを生成する)、最適化(生成されたプログラムの実行速度を向上させたり、なるべくサイズが小さくなるように、生成されたコードを変換・修正する)、などが挙げられる。コンパイルされて生成されたファイルはオブジェクト・ファイルと呼ばれ、その後必要なライブラリ・ルーチンなどとリンクされ、実行可能なコードとなる。これらを1つのプログラム中ですべて行う場合もあれば、例えばUNIX上のC言語コンパイラ(ccコマンド)のように、別コマンドであるCプリプロセッサやアセンブラ、リンカを順次起動して、コンパイル処理を進める場合もある。

プログラム開発
プログラム開発
プログラムは、さまざまな言語で記述されたソース・コードをコンパイル/アセンブルしてオブジェクトを生成し、それらとライブラリをリンクすることによって生成される。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -