ICDロゴ

インターネットバンキング (Internet banking)

最終更新日: 1998/11/09

 通信手段としてインターネットを利用するタイプのオンラインバンキング。WWWブラウザや専用アプリケーションなどにより、銀行口座の残高照会、入出金明細の確認、振り込み処理などを行うことが可能になる。

 従来からのオンラインバンキングでは、家庭やオフィスからダイヤルアップによってセンターとなるホストコンピュータに接続する方式が一般的だった。この方式でも、コンピュータから上記のようなバンキングサービスを利用可能だが、セキュリティを確保するために、発信元の電話番号(ダイヤルアップする側の電話番号)が固定されてしまう場合がある。この点インターネットバンキングでは、インターネットに接続する環境さえあれば、場所を選ばずにバンキングサービスを利用できるというメリットがある。

 セキュリティをいかにして確保するかが障害であったが、暗号化と認証を組み合わせたセキュリティシステムであるSET(Secure Electronic Transaction)のSECE(Secure Electronic Commerce Environment)などにより、安全な取引を可能にしている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -