ICDロゴ

データリンク層 (datalink layer)

【データリンク・ソウ】

最終更新日: 2003/03/31

 OSI参照モデルにおいて、データのパケット化や物理的なノードアドレス、パケットの送受信方法などを規定した層。

 この層では、物理的な通信媒体を通して、2つの(隣接)ノード間でパケットをやり取りするためのプロトコルを規定している。通常は、まず、各ノードに対して何らかのアドレスを付け、そのアドレスに基づいてパケットの送信先を特定し、パケットを通信媒体上に送信する。通信媒体としては、銅配線や無線、光ファイバなど、多様なものがある。また、接続形態(トポロジー)も、1対1の対向接続だけでなく、バス型やスター型、リング型など多くの種類がある。

 通信媒体上に送信されたパケットは、受信側ノードに到着した時点でそのノードに取り込まれ、さらに上位のプロトコル層へと渡される。

 なお、通信路の状態によっては、途中でパケットが損傷・喪失したりすることがあるが、その場合に再送を要求するかどうかは各媒体によって異なる。必要ならば、より上位の層で再送などの処理を行なう。

OSI参照モデル
OSI参照モデル
ネットワークの機能やプロトコルを階層的に分類し、その意義を定義したもの。さまざまなネットワーク媒体やプロトコル、機能などを階層的に分類して構築することにより、相互運用性を向上させ、柔軟なネットワーク・アーキテクチャを実現することができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -