ICDロゴ

マネージ・コード (managed code)

最終更新日: 2004/04/15

 マイクロソフトが提唱する次世代インターネット戦略、Microsoft.NETプラットフォームにおいて、アプリケーションやコンポーネントを実行するためのエンジンであるCLR(Common Language Runtime)に準拠し、CLRが提供するすべての機能を利用可能なプログラム・コード。具体的には、CLRが提供するガーベジ・コレクションの機能や、セキュリティ機能などが利用できるようになる。逆の視点から見れば、プログラムはCLRによって完全に管理される(manageされる)ことからこのように呼ばれる。

 マネージ・コードとは反対に、CLRに準拠しないプログラム・コードは、アンマネージ・コード(unmanaged code)と呼ばれる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -