ICDロゴ

100BASE-TX

【ヒャク・ベース・ティー・エックス】

最終更新日: 2001/07/04

 100Mbpsでのデータ転送能力を持つイーサネット物理レイヤの1つ。

 広く普及した10BASE-Xイーサネットと同じくCSMA/CDアクセス方式を使用しながら、信号周波数を高速化することで、10BASE-X(10Mbps)の10倍のスループットを実現したイーサネット。米通信機器メーカーの3Com社からスピンアウトしたメンバによって開発された。

 100BASE-TXの接続では、10BASE-Xでも利用されているカテゴリ5のケーブルをそのまま利用可能で、100BASE-TXのネットワーク機器は、10BASE-Xとの上位互換性があり、10BASE-Xネットワーク機器としてもそのまま利用できることから、10BASEネットワークとの共存や10BASEネットワークからの移行が容易だという特徴がある。また当初は高価だった対応機器(ネットワークカード、ハブなど)がかなり安価になってきたことなどから、現在では広く普及している。

 100BASE-TXの接続では、2つのツイストペアケーブルで構成されるカテゴリ5のUTP(Unshielded Twisted Pair)ケーブルを利用し、このうち一方のペアで送信を、他方のペアで受信を行う。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -