ICDロゴ

Ultra DMA/100

【ウルトラ・ディー・エム・エー・ヒャク】

別名
UltraDMA/100 【ウルトラ・ディー・エム・エー・ヒャク】

最終更新日: 2000/07/12

 IDEの拡張仕様であるUltra ATA/100において導入されたIDEインターフェイスの転送モードの一種。Ultra DMAで規定されている6つの転送モードのうち、Ultra DMA/100はUltra DMAモード0〜5すべてをカバーする。このうち最大転送レートの100Mbytes/sを実現するUltra DMAモード5は、ATA/ATAPI-6で公式に規格化される予定である。

 Ultra DMA/100では、前身のUltra DMA/66に対して、Ultra DMAモード5が追加され、最大転送レートは1.5倍になった。この速度向上を実現するために、Ultra DMA/66と比べて、IDEケーブルを通る信号の電圧レベルを従来の5Vから3.3Vに下げたり、各信号線の配線長のバラツキを抑えたり、といった仕様変更がなされている。IDEケーブルは、Ultra DMA/66と同様の80芯ケーブルを使用する。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -