ICDロゴ

シングルセッション (single-session)

最終更新日: 2000/06/28

 CDの記録フォーマットにおいて、1枚のCDに1つのセッションしか記録しないこと、ないしは1枚のCDに1つのセッションのみが記録された状態。

 CDでは、リードイン(lead-in)と呼ばれる無音領域−データ(音楽用CDなら音楽データ)−データの終わりを示すリードアウト(lead-out)というフォーマットでデータを記録するようになっている。このリードイン−データ−リードアウトという形式で記録された一連の情報はセッションと呼ばれる。当初の音楽用CDでは、1枚のCDに1つのセッションだけを記録していており、このような形式のCDのことを「シングルセッションのCD」と呼ぶ。

 CD-Rの登場により、現在では、1枚のCDに複数のセッションを記録することも一般的になってきたが、これをマルチセッションのCDと呼ぶ。非常に初期のCDドライブでは、マルチセッションで記録されたデータを読むことができないものもあったが(最初の1セッションのみが読み出し可能)、現在販売されているドライブは、まず間違いなくマルチセッションに対応している。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -