ICDロゴ

Webメール (Web mail)

【ウェブ・メール】

最終更新日: 2002/10/30

 Webブラウザを使って読み書きできるようにした電子メール・システム。メール・アプリケーションの面倒な事前設定をすることなく、ネットワークに接続できる環境とWebブラウザさえあればどこからでも簡単にメールにアクセスできるという特徴がある。

 電子メールを読み書きするためには、一般的にはPOPやIMAP、SMTPプロトコルなどをサポートしたメール・ソフトウェア(メーラ)を使う。だが送受信用に使うメール・サーバや、サーバのタイプ(POPサーバかIMAPサーバか、など)、メール・アカウント(通常はメール・サーバへのアクセス用アカウントと電子メール・アドレスの2種類がある)の設定など、初心者ユーザーにとっては面倒な設定作業が必要になる。

 Webメールは、Webブラウザを使ってアクセスするタイプのメール・クライアント・ソフトウェアであり、メールのメッセージ自身はWebサーバ側で管理されている。そのため面倒なメール・ソフトウェアの設定をすることなく、メールを利用することができる。通常はメール・アドレスとパスワードさえ入力すれば簡単にアクセスすることができる。またメール・メッセージをローカル側のシステムに保存する必要がないので、例えばインターネット・カフェのような不特定多数のユーザーが利用する環境でも問題なく利用することができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -