ICDロゴ

B+ツリー (Balanced plus tree)

【ビー・プラス・ツリー】

最終更新日: 2001/07/14

 データを順序付けて格納するために使われる、コンピュータ・アルゴリズムの1つ。与えられたデータをそのキー(インデックス、索引)の順番に並べ替えて格納したり、与えられたキーに基づいてデータを取り出したりする場合に使われるアルゴリズムであり、リレーショナル・データベース・システムの索引付けや、ファイル・システムにおけるファイル名の管理などで一般的に使われている。

 B+ツリーはBツリー・アルゴリズムの改良版である。Bツリーでは、各ノードにはキーとデータの組か、他のノードへのリンクのいずれかが格納されていたが、B+ツリーでは、リーフ・ノード(ツリーのいちばん下にある、子ノードを持たないノード)にのみデータを格納するようにしている。このため、キー順にデータを次々と取り出すような処理(データベースにおける全件ピックアップなど)では、リーフ・ノードのみを順番にアクセスすればよい。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -