ICDロゴ

ビッグエンディアン (big endian)

最終更新日: 2001/08/31

 2bytes以上のバイト幅を持つ数値をコンピュータ内のメモリに格納するときや、データとして転送するときに、最上位のバイトから順番にアドレスの昇順に格納したり、転送したりすることをビッグエンディアンという。

 通常のコンピュータでは、メモリには1byteごとに昇順のアドレスが付けられているが、2bytes以上の幅(サイズ)を持つ数値をメモリに格納する場合、1byteごとに分割してメモり上の各アドレスに格納する必要がある。このとき、どのバイト位置のデータをメモリ上のどの番地に格納するかということをバイトオーダーもしくはエンディアンという。最下位のバイト(LSB)から順番にアドレスの昇順に格納するものをリトルエンディアンといい、最上位のバイト(MSB)から順番にアドレスの昇順に格納するものをビッグエンディアンという。

アドレス
+0
+1
+2
+3
内容
0x12
0x34
0x56
0x78
ビッグエンディアンによる格納方法
4bytes幅のデータ「0x12345678(16進数表記)」を、ビッグエンディアンでメモリ中へ格納したところ。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -