ICDロゴ

ADSLスプリッタ (Asymmetric Digital Subscriber Line splitter)

【エー・ディー・エス・エル・スプリッタ】

別名
POTSスプリッタ (Plain Old Telephone Service splitter) 【ポッツ・スプリッタ】

最終更新日: 2002/06/28

 xDSLシステムにおいて、従来のアナログ音声信号(POTS)と、xDSLによるデジタル通信信号を混合して1本の銅線上に流したり、逆に2種類の信号に分離したりするための装置。xDSLでは、このスプリッタを加入者線の両端(電話局の交換機の直前と、加入者宅の電話機の直前)に挿入し、xDSLによる高速デジタル信号を取り出したり、注入したりする。

ADSLスプリッタの例
ADSLスプリッタの例
これはNTT東日本の「ADSLスプリッタ-N」という製品。加入者宅の電話機の直前に挿入されるタイプで、アナログ音声信号とxDSLのデジタル通信信号を分離する役割を担う。「LINE」には局からの回線を、また「TEL」には電話機、「ADSL」にはxDSLモデムをそれぞれ接続する。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

POTS
xDSL
ADSL
ADSLモデム
SDSL

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -