ICDロゴ

シリアルATA II (serial AT Attachment 2)

【シリアル・エー・ティー・エー・ツー】

最終更新日: 2002/09/06

 シリアルATAをベースとして、主にサーバ向けに拡張した規格。シリアルATA 1.0に対して、2段階に分けて機能の拡張を予定している。

 第1段階では、コマンド・キューイングやアウトオブオーダ実行などの機能拡張による性能向上、冷却ファンの制御や温度の検知などディスク・ユニットの管理機能、ホットプラグの対応などが図られる予定だ。2002年後半には規格化を行い、2003年中ごろまでに対応製品の出荷が行われることが期待されている。

 第2段階では、データ転送速度をシリアルATA 1.0の150Mbytes/sから300Mbytes/sへ2倍に高速化することや、ドライブ接続数の拡張などが行われる。2003年後半に規格化を行い、2004年中ごろまでに対応製品の出荷が行われるという。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -