ICDロゴ

感熱プリンタ (thermal printer)

【カンネツ・プリンタ】

別名
サーマル・プリンタ (thermal printer)

最終更新日: 2002/11/10

 電流が流れると熱くなる発熱体を組み込んだ印刷ヘッドを移動させながら、感熱紙(熱を加えると変色する物質を塗布した用紙)などに印刷を行うタイプのプリンタ。発色は用紙によって決まっており、通常は黒または濃紺の単色しかプリントできない。

 感熱プリンタの長所は、駆動部品が極めて少ないため、軽量コンパクトなプリンタを低コストで作成できること、少ない電力での印刷が可能なこと(このためバッテリでの駆動に向いている)、印字音が非常に小さいことなどである。一方の欠点は、感熱紙などの特殊な用紙が必要なこと、感触が悪く、ペンなどでの上書きに向かない、長期間日光にさらすなどすると変色してしまうという耐候性の悪さなどがある。

 感熱プリンタでは、消耗品は用紙だけなので、リボン交換などの手間がいらないし、その分機構部も非常に小型化することができる。現在でも、店舗用のレジや家庭用FAXなどで広く使われている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -