ICDロゴ

耐タンパー性 (tamper resistant)

【タイ・タンパー・セイ】

最終更新日: 2001/04/06

 ハードウェアやソフトウェアにおいて、その内部構造や取り扱っているデータなどを解析できなくしたり、もしくは解析されにくくしたりすること。例えば暗号化を行うプログラムを逆アセンブルして解析したり、データの流れなどを追跡したりすることによって、暗号化アルゴリズムを解析し、暗号化されたデータを盗聴できる可能性がある。またハードウェア的なシステムであっても、その回路や動作状況などをモニタリングすることにより、その動作や内部構造、機能などを知ることが可能となる。耐タンパー性とは、このような解析を行いにくくして、機能や構造などを知られにくくするための技術のことを指す。ソフトウェアならばプログラム自体を暗号化しておいて、必要な部分だけを随時復号化しながら実行したり、ハードウェアならば(アルゴリズムを複雑化、高度化して)回路を解析しにくくしたり、データを暗号化したり、検査用プローブを取り付けると回路が動かなくなるような工夫をしたりして、耐タンパー性を高めることができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -