ICDロゴ

CD-R (Compact Disc Recordable)

【シー・ディー・アール】

最終更新日: 2001/06/28

 1回だけデータの書き込みが可能なCD。データを記録できる点ではハードディスクやフロッピーディスクと同じだが、1度書き込んだデータ部分に上書きすることはできない(書き込んだデータを無効にすることは可能)。マルチセッションと呼ばれる記録方法を利用して、1枚の記録メディアに何度も追記できるが、このような特性から、データを記録するごとにメディアの記録容量は一方的に減少していく。このためCD-Rの記録方式は「ライトワンス」(write once)と呼ばれることもある。

 CD-Rメディアの記録層には、レーザーの熱によって化学変化を起こし、光の反射率が変化するような材料が塗布されている。この記録層に読み出し時よりも大きな出力でレーザーを照射することで、CDのピットとランドに相当する部分を書き込んでいく。

 CD-Rの大きな特徴は、データを書き込んだ記録メディアがCDと互換で、通常の音楽用CDプレイヤー(音楽CDデータをCD-Rメディアに記録した場合)や広く普及したCD-ROMドライブで再生(読み出し)ができることである。CD-ROMと同じく、1枚のCD-Rメディアには最大で650Mbytesのデータを記録できる。CD-Rドライブ価格やメディア価格が大幅に低下したことから、データのバックアップ用途や、他人とのデータ交換用途などに広く利用されるようになった。

 ただし読み出し専用として設計された音楽CDやCD-ROMフォーマットと互換のデータを記録するため、CD-Rにデータを記録するには、基本的に1回分の書き込みデータを「CD-Rライタソフトウェア」と呼ばれるソフトウェアであらかじめ準備しなければならない。通常、このライタソフトウェアは、CD-Rドライブに添付されている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -