ICDロゴ

セカンダリDNSサーバ (secondary DNS server)

【セカンダリ・ディー・エヌ・エス・サーバ】

最終更新日: 2004/01/07

 DNSのサービスを行うサーバ(DNSサーバ)のうち、スレーブとなるDNSサーバのこと。プライマリDNSサーバの持つ情報のコピーを維持している。

 DNSサーバが管理している、ドメインに関する情報はゾーン情報と呼ばれる。プライマリDNSにはゾーン情報のマスタとなるデータが保存され、維持管理されている。これに対して、セカンダリDNSサーバは、プライマリDNSサーバからゾーン情報をコピーして(これを「ゾーン転送」という)、プライマリDNSサーバと常に同じになるように動作している。これにより、プライマリDNSサーバの内容を変更するだけで、自動的にセカンダリDNSサーバの内容も同期することになる。

 DNSサービスを提供する場合、負荷分散や耐障害性の向上を図るため、1台のプライマリDNSサーバと、1台以上のセカンダリDNSサーバを用意するのがふつうである。いずれのDNSサーバであっても、DNSクライアントからみれば同じように機能し、違いはない。

プライマリDNSサーバとセカンダリDNSサーバ
プライマリDNSサーバとセカンダリDNSサーバ
プライマリDNSサーバの持つゾーン情報は、自動的にセカンダリDNSサーバにコピーされ、DNSサーバとして稼働する。いずれのDNSサーバの場合でも、ユーザー(DNSのクライアント)の側から見ればその違いはない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -