ICDロゴ

フラットベッド スキャナ (flat-bed scanner)

最終更新日: 2000/03/09

 紙に印刷されたイメージや、ネガやポジなどのフィルムに記録されたイメージを読み取り、コンピュータに入力するための装置。フラット ベッド スキャナは、ちょうどコピー機のスキャナ部分だけを取り出したような形式になっており、ガラス面に印刷物を置き、スキャナ内部の駆動装置によって光源と光学センサーを一定速度で移動させ、イメージを読み込む。

 精度がそれほど高くないが安価なものから、高精度だが高価ま機種まで、フラット ベッド スキャナの選択肢の幅は広い。精度の高いものなら、雑誌などのプロフェッショナル印刷にも耐えるイメージ入力が可能だが、その一方では、本体が大きくなりがちで、他のタイプのスキャナに比べると機構も複雑で価格も高いという欠点がある。またフラット ベッド タイプでは、透過原稿ユニットと呼ばれる光源をガラス面とは反対側のフタ側に置き、ネガ(ポジ)フィルムなどのイメージを取り込めるようにしたものもある。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -