ICDロゴ

エッジトリガ方式 (edge trigger method)

【エッジトリガ・ホウシキ】

最終更新日: 1998/11/16

 コンピュータのシステムバスにおける割り込み信号線などにおいて、信号のオフからオンへの遷移、もしくはオンからオフへの遷移が起こった時点で、信号が有効もしくは無効になった(アサートもしくはネゲート状態になった)と認識する方式。波形のエッジ(立ち上がりおよび立ち下がり時のこと)を契機として有効もしくは無効(アサートもしくはネゲート状態)となるので、こう呼ばれる。レベルセンス方式に対する反対語として使われる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -