ICDロゴ

メニュー (menu)

最終更新日: 1998/10/05

 グラフィカルユーザーインターフェイスにおける、入力手段の1つ。一般にメニューは、アプリケーションウィンドウの一部に常に表示され、アプリケーションで実行できるコマンドが一覧される。ユーザーは、メニューから適当な項目を選択して、目的のコマンドを実行する。

 WindowsやMacintoshアプリケーションでは、プルダウン形式のメニューを使用する。プルダウン形式のメニューでは、トップレベルメニューと呼ばれるコマンドのカテゴリだけがウィンドウに常時表示されており、任意のカテゴリの項目をマウスでクリックすると、そのカテゴリに含まれるメニュー項目がドロップダウン表示される。このようにドロップダウンメニューでは、すべてのメニュー項目を常時ウィンドウに表示しなくてすむので、画面を効率的に利用できるというメリットがある。

 メニュー項目には、アプリケーションで使用できるコマンドが一覧されるので、特に初心者などは、使用できるメニューを調べることで、場面場面で許される操作を知ることができる(ある場面でメニューを実行できるということは、その場面でその操作が許されるということになる)。場面によって実行できないメニュー項目(コマンド)については、ユーザーがそれを選択できないようにアプリケーションによって無効化される。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -