ICDロゴ

高級言語 (high level language)

【コウキュウ・ゲンゴ】

別名
高水準言語 (high level language) 【コウスイジュン・ゲンゴ】

最終更新日: 2003/03/25

 FortranやCOBOL、BASIC、C、C++、Java言語など、人間が使うような単語や文字、記号類などを組み合わせてプログラムを記述できるようにしたプログラミング言語。アセンブリ言語のような、コンピュータの命令と直接一対一に対応したプログラミング言語(低水準言語)に対比して使われる。

 コンピュータの誕生当初は、プログラムはマシン語やアセンブリ言語で記述するのが当たり前であった。だがこれらの言語は、コンピュータの内部アーキテクチャと密接に結びついているので読み書きが難しく、またコンピュータが異なれば命令も異なるので、再利用もできず、プログラムの生産性が非常に低かった。そこで英単語と記号などを組み合わせてプログラムを組めるようにした、Fortran(科学技術計算向け)やCOBOL(事務処理向け)、PL/I(汎用の言語)などといった高級言語が開発され、コンピュータの利用は飛躍的に進んだ。現在では、コンピュータのプログラミングは、ほとんどすべてが高級言語で行われている。

 高級言語で記述されたプログラムは、最終的にはコンパイル作業によってマシン語に変換されてから実行されることになる。このような言語をコンパイラ型言語と呼ぶが、逐次解釈しながら実行されるインタープリタ型として実装されていることもあり、現在ではその境界はあいまいである。

プログラム開発
プログラム開発
プログラムは、さまざまな言語で記述されたソース・コードをコンパイル/アセンブルしてオブジェクトを生成し、それらとライブラリをリンクすることによって生成される。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -