ICDロゴ

BWF (Broadcast Wave Format)

【ビー・ダブリュ・エフ】

最終更新日: 2004/04/21

 放送局や業務用途での利用を想定し、EBU(ヨーロッパ放送連合)が制定したオーディオ・データの交換用標準ファイル・フォーマット。WindowsのWAVフォーマットをベースにして、データ形式やファイル形式、各種属性などを明確にドキュメント化し、コンピュータや機器によらず、相互にデータを交換できるように決められている。

 Windowsで広く利用されているWAVフォーマットは、内部にチャンク(かたまり)と呼ばれる複数のデータ・ブロックを格納することができる柔軟性の高いファイル・フォーマットである。そのためWAVファイルを作成するアプリケーションや機器ごとに互換性のないデータになる存在する可能性があった。BWFではこのチャンクに格納するデータの形式を厳密に規格化し、主に放送業務用途で利用する標準的なサブセットを決め、さらにタイトルや日時などの補助的な情報も格納できるようにしている。音声データのフォーマットは、放送用途を考慮して、16bit/48KHz/ステレオの非圧縮PCM形式か圧縮されたMPEG-1 Layer 2形式を主としている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

codec
MPEG
MP3

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -